剛田商店 (総合商社)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
株式会社剛田商店
Gouda Stores Holdings Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報 東証1部G-9999 1996年10月1日上場
略称 剛田、ジャイアン、ジャイ、GSG
本社所在地 日本
102-19522
東京都千代田区8番町8番地8ジャイアンタワー 65~72階
設立 1969年11月10日(剛田雑貨店)
業種 小売業
事業内容 事業子会社の経営統括(持株会社)
代表者 代表取締役会長・最高経営責任者(CEO) 剛田武

代表取締役社長・最高執行責任者(COO) 骨川スネ夫
取締役・最高財務責任者
(CFO) 源静香
取締役・最高技術責任者
(CTO) 野比のび太
取締役・最高投資責任者
(CIO) 剛田ジャイ子
代表常勤監査役・弁護士
出木杉英才

資本金 210兆7300億円
売上高 連結:65兆9,655億円
(2013年3月末日現在)
総資産 連結:113兆5,400億円
(2013年3月末日現在)
従業員数 793,310人(2010年2月末日現在)
決算期 3月
主要株主 株式会社ジャイアン資産管理(75%)
株式会社骨川商事(23%)、他(2%)
主要子会社 グループの節を参照
関係する人物 剛田武 骨川スネ夫 野比のび太 クリスチーネ剛田
外部リンク http://www.gouda-gouda.co.jp
特記事項:1969年に雑貨店創業、剛田武が代表取締役に就任以降、急速に規模が拡大した。ジャイアン資産管理は、剛田武の資産管理会社である。

概要[編集]

株式会社剛田商店英称Gouda Stores Holdings Co., Ltd.)は、スーパージャイアンズ、ジャイアン銀行、骨川商事、剛田郵船、剛田建設、剛田不動産などの企業で構成される「ジャイアングループ」を統括する純粋持ち株会社である。 代表取締役会長・最高経営責任者(CEO)は剛田武。 日本を代表するコングロマリットであり、株式会社剛田商店正社員の求人倍率は2011年度で156倍、多くは東大・京大など七帝大及び東工大、早慶の出身者、大学院博士課程修了者が占める。 2004年からプロ野球球団のジャイアンズを保有。 コンサートホールや映画館の運営など、文化事業にも意欲的な企業である。

また、2003年から骨川商店、ノビタグループの通信事業を買収し、剛田通信株式会社を始める。

ジャイアングループ企業[編集]

持ち株会社[編集]

  • 株式会社剛田商店(ホールディングス)

  なお、各業種の筆頭企業(代表企業)は太字とした。

中核企業[編集]

販売業[編集]

  • 株式会社スーパージャイアンズ (総合スーパー)
  • 株式会社ジャイアンショッピングセンター (ショッピングモール)
  • 株式会社剛骨(ごうこつ)百貨店 (百貨店)

その他の販売業[編集]

  • 株式会社ゴウダマート (コンビニエンスストアー)
  • 株式会社ポケットキッツ (雑貨・ディスカウントショップ)
  • 株式会社ゴウダショッピングモール(アウトレットモール「VACANT LOT STARS」の運営)
  • 株式会社くすりのジャイアン(ドラックストア)
  • 株式会社みなもと楽器(主に国内外のバイオリン(ストラディバリ)とピアノ(ヤマハ)の販売)

食品製造業[編集]

  • 日本ノビジュースボトリング株式会社(飲料製造)
    • The Coca-Cola Export Corporation (海外向け展開)
      • The Nobi-Juice Company(米国子会社)
      • Europpa Nobi-Juice Refleshments(欧州子会社)

運輸・倉庫業[編集]

  • 株式会社剛田貨物鉄道(運送会社・陸送)
  • 株式会社剛田郵船(運送会社・海運)
  • 株式会社ゴウダ運輸(運送会社・陸運)
    • 株式会社剛田宅配(家庭向け宅配業)
    • 株式会社剛田バイク便
  • 株式会社Vacant-lot倉庫(倉庫業)

交通業[編集]

  • ジャイアンメトロ株式会社(地下鉄。東京都練馬区の「空き地跡」駅~東京都千代田区の「剛田百貨店前」駅間を結ぶ地下高速鉄道で、2017年度に東京都練馬区の「剛田商店前」駅~東京都港区「剛田ホテル青山」駅までの青山線を開業予定。)
  • 株式会社練馬バス(路線バス)
    • 株式会社ジャイアンタクシー(タクシー)
  • 骨川レンタカー株式会社(レンタカー)
  • 骨川電鉄(鉄道会社)

建設・不動産[編集]

  • ゴウダ建設株式会社(建設会社)
    • 株式会社剛田設計
    • 株式会社リゾートゴウダ(リゾートホテルなどを運営)
  • 株式会社ゴウダ不動産(不動産開発・賃貸)
    • 株式会社剛田不動産販売(不動産仲介)

ホテル[編集]

  • 株式会社ジャイアンホテルズ(ビジネスホテルなどを運営)
    • 株式会社剛武イン(ジャイアンホテルズの完全子会社、首都圏のビジネスホテル経営及びそのブランド)
      • 株式会社武ちゃんカプセルホテル(剛武インの完全子会社。首都圏のカプセルホテルの経営)

メンテナンス・警備保障[編集]

  • 株式会社ゴウダビルメンテナンス (ビルメンテナンス会社)
  • 株式会社剛田警備保障
  • Gouda International PMC (民間軍事会社)

金融業[編集]

  • 株式会社ジャイアン銀行(メガバンク)
    • 株式会社ネリマストリート銀行(地方銀行)
    • 剛田信用金庫(信用金庫)
    • 骨川信用組合(信用組合)
  • 株式会社ジャイアンクレジット(クレジット)
  • 株式会社剛田証券(証券会社)
    • ノビット(消費者金融)
    • ゴウダ・カリヨーゼ金融(消費者金融)

保険・コンサルティング[編集]

  • 株式会社剛田保険(生命保険)
    • 株式会社ゴウダ自動車保険(自動車保険)
  • 株式会社骨川保険コンサルティング(保険代理店)

サービス業(販売を除く)[編集]

  • 株式会社ジャイアンフーズ(食品会社・飲食店経営)
  • 株式会社ジャイアンリサイタルホール
  • 株式会社骨川剛田スポーツ(フィットネスクラブ・スポーツ用品店経営)
  • 株式会社ゴウダコミュニケーション(ケーブルテレビ、インターネットプロバイダ事業)
  • 株式会社骨川回線(インターネット回線の保守)
  • ジャイアン・レーシングチーム (レーシングチーム)
  • ジャイアン・フォーミュラ1 (F1チーム)
  • 東京ジャイアンズフットボールクラブ株式会社 (プロサッカークラブ)
  • 株式会社ジャイアンヒューマンキャピタル(人材派遣)
  • 株式会社骨川リネン(主にジャイアンホテルズ経営ホテル向けのリネンサプライ)
  • 株式会社ジャイアンズベースボールカンパニー(球団経営、ノビタレコードの子会社)

エンターテインメント業[編集]

  • 株式会社剛田放映(映画館運営)
  • 剛田アニメーション(アニメーションの企画・制作)
  • 株式会社スネ夫スタジオ(アニメーションの企画・制作)(※持分法適用関連会社)
  • 株式会社ノビタレコード(音楽ソフトウェアの企画・制作)(※持分法適用関連会社)
    • 株式会社ノビタレコードピクチャーズ(映画製作・配給)

技術開発[編集]

  • 株式会社剛田産業技術(理系総合研究開発。ロボット工学を得意分野とする)
  • ゴウダ・ノビタタイムマシーン株式会社(タイムマシーンの開発)

コンピュータ企業[編集]

  • 株式会社ゴウダソフト (コンピュータソフト)
  • 株式会社ジャイアンコンピュータ(主にC言語プログラミング)
  • 株式会社ジャイアンゲーム (家庭用ゲーム機、ソフトの製造、販売)
  • 株式会社ノビタミュージックソフト(音楽関連のソフト開発)
  • The Nobi Pikosoft.inc(欧米でのゴウダソフト系列メーカーの販売)

製造業[編集]

  • ジャパンゴウダ自動車株式会社
  • ゴウダトラックス株式会社 (トラック・バスメーカー)
  • 株式会社骨川製作所(大手電気メーカー。業務用電気機器を主力とする)
  • マツシバ株式会社 (大手電気メーカー。家庭用電気機器を主力とする)
  • ホネカワ・エアシステムズ株式会社(航空機)

防衛関連[編集]

  • 株式会社剛田重工(大型兵器、宇宙開発)
  • 剛田テック株式会社(自動小銃・小型兵器)

薬品[編集]

  • 株式会社剛田・骨川製薬(製薬)
  • 株式会社剛田化学工業(研究機関で使われる化学薬品の製造・開発)

マスメディア[編集]

  • 株式会社日本剛骨(ごうこつ)新聞(新聞社、全国紙)
    • 新剛田通信株式会社(通信社)
  • 株式会社剛談社(出版社)
  • 株式会社骨川テレビ(東京都近郊のみのローカルテレビ局)
  • 株式会社のび太放送協会(※関連会社)
  • 剛田短波放送株式会社(ラジオ局)

シンクタンク[編集]

  • 株式会社剛田骨川国際総合研究所(総合シンクタンク)
  • 株式会社剛田金融経済研究所(金融系シンクタンク)
  • 株式会社骨川産業技術総合研究所(理系シンクタンク)
  • 株式会社出木杉国際政治研究所(政治シンクタンク)

財団法人・社団法人・NPO法人[編集]

  • 公益財団法人ジャイアン音楽振興会
  • 公益財団法人ジャイアニズム哲学財団
  • 公益財団法人骨川剛田スポーツ振興会
  • 社団法人ロボット平和利用促進協会(野比家ドラえもん博物館の経営)
  • 公益財団法人剛田和代・骨川家記念館(剛田和代・骨川家記念館・美術館の運営)
  • 特定非営利活動法人剛田基金
  • 特定非営利活動法人おまえのものはおれのもの(略称「OMO(オーモ)」交通遺児・戦争孤児の生活支援)


通信事業[編集]

  • 剛田通信株式会社(通信事業社)
    • Gooouda(ポータルサイト経営)
      • Gtube(動画配信事業)
  • NSEW国際通信株式会社(海外での通話サービス)
  • ノビタ・セルフォン製造(かの有名なGod A Phoneシリーズの製造)
    • GPS(GPS通信とGod A Phoneの販売)

その他[編集]

  • 株式会社スネ夫探偵事務所(国際テロリストジャイアンの夜明けの襲撃により一時休業中)
  • 株式会社ジャイ湾クルーズ(2027年12月に経営破綻)
  • 株式会社なんでも引き受け会社(野比のび太氏が経営する、日本における何でも屋の先駆け)
  • 株式会社剛田航空(国内線担当)
    • 株式会社ゴウダエアー航空(国際線担当)
    • 月見台航空株式会社(LCC/海外での名称:Goda Tukimidai Air GTA)
  • 日本ジャイアニズム連盟(圧力団体、連合と並ぶ民主党の支持組織)
  • ○剛販促
  • 学校法人剛田月見台学園
      • 野比中等教育学校附属野比小学校
      • 野比中等教育学校
      • Goda American High School
      • 剛田国際大学

沿革[編集]

剛田商店にとって転機となった出来事・企業の設立については、一部太字とした。

黎明期[編集]

  • 1926年?月?日、剛田和代(剛田武の母)誕生
  • 1964年6月15日、剛田武誕生。剛田和代(剛田武の母)38歳。
  • 1969年11月10日、剛田和代が「剛田雑貨店」を創業
  • 1971年5月、法人化し、有限会社剛田雑貨店設立。代表者・剛田和代。
  • 1979年6月、有限会社剛田雑貨店から有限会社剛田商店に社名変更。
  • 1986年4月、剛田武・骨川スネ夫出資により、有限会社剛田商店を株式会社化。剛田武が会長、骨川スネ夫が社長に就任。、剛田和代は相談役に。練馬区内にスーパーマーケット・スーパージャイアンズ第1号店を開店。
  • 1988年5月、株式会社ジャイアンクレジット、株式会社ジャイアンビルメンテナンス(現 株式会社ゴウダビルメンテナンス)を設立。剛田資産管理株式会社(現 ジャイアン資産管理)設立。
  • 1988年5月、株式会社骨川商事と業務資本提携
  • 1988年7月、株式会社剛田証券を設立(現在の剛田証券ではない。のちにジャイアン資産管理と合併。)。この剛田証券は、ジャイアングループ内やジャイアングループとほかの企業との間の株式の取引、つまりは買収や合併などで生じる証券売買を管理するというユニークな会社であった。
  • 1988年9月、株式会社骨川商事から株式会社骨川運輸(現 株式会社ゴウダ運輸)と株式会社骨川不動産(現 株式会社ゴウダ不動産)と株式会社くすりの骨川(現 株式会社くすりのジャイアン)と株式会社ホネカワディスカウント(現 株式会社ゴウダ100→株式会社ポケットキッツ)の株式を取得により、連結子会社化。株式会社ゴウダ不動産の相談役に創業者・剛田和代就任。
  • 1989年4月、財団法人ジャイアニズム哲学財団が設立。理事長に世界を代表するジャイアニズム哲学者・ジャイアン・トゥ・オーデルシュバンク氏が就任。
  • 1989年9月、骨川商事と共同出資により株式会社みなもとバイオリン(現 株式会社みなもと楽器)設立。代表取締役社長に剛田の友人源静香が就任。

1990年代[編集]

  • 1990年6月、骨川家より株式会社骨川工務店の株式を80%取得し連結子会社化。ゴウダ建設株式会社を設立。代表取締役社長に骨川スネ夫就任。
  • 1990年11月、アニメブームを感じた剛田武氏は新たに剛田アニメーションを設立
  • 1991年10月、練馬区内にあった小さな建築設計事務所を買収し、株式会社剛田設計を設立。また、経営難に陥っていたプリンスメロンホテルを買収し、株式会社ジャイアンホテルズ株式会社リゾートゴウダを設立。不動産販売・仲介業者である株式会社剛田不動産販売も設立された。
  • 1992年4月、剛田雑貨店創業者剛田和代が死去。グループ全体が一年間喪に服し、剛田商店本社(建物)が母の代から続く土地から移転。移転先は練馬区内のオフィスビル。
  • 1995年4月、スーパージャイアンズが直営及びFC店含め1万店達成。
  • 1995年5月、スーパージャイアンズの小型店舗を順次、コンビニエンスストアーに業態変更し、ゴウダマートに名称変更することを発表。株式会社ゴウダマート設立準備。同年6月設立。代表取締役社長に剛田武就任。
  • 1996年10月、剛田商店株式会社が東証一部上場
  • 1996年11月、剛田雑貨店跡地に剛田和代・骨川家記念館が開業。館長に剛田ジャイ子就任。
  • 1997年2月、ジャイアン電気軌道株式会社が設立され、代表取締役社長に剛田武氏、運転士にのび太氏、車掌にドラえもん氏が就任した。同時にジャイアン電気軌道ジャイアン電車1号線の西武練馬駅前~剛田商店前駅までが暫定開業。
  • 1997年4月、骨川家から骨川保険株式会社の株式を50%取得し、子会社化。社名を株式会社剛田保険に変更。自動車保険部門を独立させ、株式会社ゴウダ自動車保険設立。
  • 1997年7月、ジャイアン電気軌道八番町線の「スネ夫レコード本社前」~「ジャイアンタワー八番町」までが開業。
  • 1998年4月、株式会社骨川保険コンサルティングと業務資本提携。これにより、剛田保険・ゴウダ自動車保険の提供する保険に入るためには骨川保険コンサルティングを通す必要が生じた。
  • 1998年5月、低迷していたゴウダ100がオリジナル商品「シークレット・キット・シリーズ」を発売。まるでマジシャンになったかのような不思議な機能を持つ製品が100円均一で売られると瞬く間に話題となり、売り切れが続出し社会現象にまでなった。これは剛田氏と骨川氏がかつて子供の時にいた未来のロボットの持っていた道具にヒントを得て企画・開発した。
  • 1999年8月、ジャイアン電車1号線が、剛田商店前駅~学校前駅までが開業。同時に、西武練馬駅前~学校前間が本格開業した。同時に、剛田貨物鉄道との業務連携が完了。ジャイアン電気軌道の完全子会社となる。

2000年代前半[編集]

  • 2000年10月、97年の独占禁止法の純粋持ち株会社解禁に伴い、株式会社剛田商店が純粋持ち株会社化。スーパージャイアンズの経営は、新設分割により株式会社スーパージャイアンズ(新設)へ事業承継。
  • 2000年11月、骨川家から株式の49%を取得し、株式会社骨川商事を持分法適用会社化
  • 2000年11月、コンビニエンスストアーチェーンの株式会社ゴウダマートと株式会社ホネカワストアの合併により、業界売上高1位になる
  • 2000年12月、株式会社ジャイアンクレジットと株式会社ホネカワファイナンスが合併。株式会社骨川銀行の株式を35%取得し、株式会社ジャイアン銀行に名称変更
  • 2001年1月、株式会社骨川広告社及び株式会社骨川商事から株式会社骨川ショッピングセンター(現 株式会社ジャイアンショッピングセンター)の株式の60%を取得し、連結子会社化。
  • 2001年4月、株式会社ジャイアンショッピングセンターが、株式会社ゴウダショッピングモールを設立し、ゴーダ100(現:POCKET KIT)を核テナントとする郊外型アウトレットモール「VACANT LOT STAGES」を開業。この名称はかつて剛田氏が子供の頃、空き地をステージにした歌っていた時のように空き地から文化を発信しようという想いが込められている。
  • 2001年3月、財団法人ジャイアン音楽振興会を設立し、剛田武が理事長に就任。
  • 2001年4月、株式会社ジャイアンリサイタルホールを設立し、東京練馬にコンサートホールを建設。
  • 2002年4月、ジャイアンリサイタルホールを開業し、ジャイアンの無料コンサートを開催
  • 2002年5月、野比のび太の経営する株式会社ノビタレコードが債務超過になったため、銀行の有利子負債の80%を債権放棄をすることを条件にスポンサーになることを発表。
  • 2002年5月、株式会社ノビタレコードが100%減資後に株式会社ジャイアンリサイタルホールが100%増資
  • 2002年10月、株式会社骨川商事から株式会社ほねかわスポーツの株式の40%を取得し、持分法適用会社化。
  • 2003年1月、株式会社ほねかわスポーツの株式の50%を取得し、株式会社ほねかわスポーツから株式会社骨川剛田スポーツに社名変更。
  • 2003年4月、株式会社ゴーダ100が株式会社ポケットキッツに社名変更。店舗ブランドも「POCKET KITS」になる。\100均一業態ではなくなるが、「シークレット・キット・シリーズ100」や数段階の均一価格帯での販売コンセプトは維持。さらに大型の商品も扱える郊外店・都心部のビルに総合雑貨店を出店し、\100では販売できなかった商品の企画・開発を他社とも連携し目指すと発表。
  • 2004年3月、財団法人骨川剛田スポーツ振興会を設立し、骨川スネ夫が理事長に就任。
  • 2004年4月、日本プロ野球組織に加盟申請。
  • 2004年5月、プロ野球球団の株式会社ジャイアンズを設立し、骨川スネ夫が球団社長に就任。
  • 2004年10月、日本プロ野球組織の承認を得て、正式にプロ野球参入

2000年代後半[編集]

  • 2005年4月、骨川家から株式会社骨川新聞(東京都近郊のみ発行の地方紙)の株式を60%取得、社名及び紙名を『骨川新聞』から『日本剛骨新聞』に変更し、全国紙に
  • 2005年7月、骨川商事傘下の骨川製薬が経営破綻の危機に陥ったため、株式を取得・剛田商店の子会社化。株式会社剛田・骨川製薬に名称変更。また骨川家から株式会社練馬テレビの株式を取得。株式会社骨川テレビを設立、子会社化。さらにジャイアン短波ラジオ株式会社を設立。
  • 2005年10月、株式会社日本剛骨新聞の中の出版部門を独立、新たに株式会社剛談社設立。代表取締役社長にマンガ家・クリスチーネ剛田女史就任。現在では一般書籍から雑誌(含エロ)、写真集、マンガ、ラノベまで幅広く手がけている。
  • 2005年11月、角川書店から出版されていた剛田武(ペンネームは「ジャイアン・トゥ・オーデルシュバンク」)著『ジャイアニズム宣言』を角川書店に変わり剛談社が出版。
  • 2006年4月、株式会社ジャイアンリサイタルホールが新たに高井山麓に開業する「VACANT LOT STAGES」に隣接して野外ステージを建設する。
  • 2007年3月、剛田会長は「これからは理系の時代だ」と記者会見し、グループに理系企業を増やしていくと発表
  • 2007年4月、記者会見後すぐに、シンクタンク・株式会社剛田骨川国際総合研究所設立。所長に剛田武就任。
  • 2007年10月、株式会社剛田産業技術を設立。家電メーカー株式会社骨川製作所を子会社化。
  • 2008年4月、株式会社ジャイアンズを、ジャイアンズベースボールカンパニー(略称GBC)に社名変更。
  • 2008年10月、東京マゾヒストから技術員を引き抜き、地下鉄事業を手がけると発表。東京都・練馬区・剛田商店・骨川商事の四者が共同株主となりジャンアンメトロ株式会社を設立。翌年着工。
  • 2009年12月、ジャイアンメトロ株式会社が「空き地跡」駅~「八番町」駅(現「剛田百貨店前」駅)間の工事着工。

2010年代前半[編集]

  • 2010年4月、剛田会長は海運業を手がけることを発表。設立準備会社設立。同年10月、株式会社剛田郵船設立。監査役に剛田武就任。
  • 2011年3月、3月11日に発生した東日本大震災に復興支援としてグループ全体で100億円を寄付すると発表。ゴウダマートが無料で炊き出しを行うなど被災地の復旧に貢献した。
  • 2011年9月、国から認可を受け特定非営利活動法人(NPO法人)剛田基金設立。名誉理事長に剛田武就任。
  • 2012年4月、東日本大震災を期に、ジャイアングループ全体で社会福祉事業に力を入れていくと発表。また剛田病院(仮称・後述)建設開始。
  • 2012年5月、経営悪化に伴いプロ野球球団をノビタレコードへ売却したことを発表。ただし支援は続けていくことも表明した。
  • 2012年12月、衆議院解散に伴い、立候補を自民党に打診されるも、拒否する。
  • 2013年3月、100年後を目標に家庭用タイムマシーン、瞬間移動機器を開発すると表明。
  • 2013年4月、ゴウダ・ノビタタイムマシーン株式会社を設立、代表取締役社長に剛田ジャイ子、顧問に野比のび太を起用(青狸の開発などのロボット工学での実績が認められた)
  • 2013年4月、スネ夫スタジオを買収
  • 2013年8月、スネ夫スタジオの株をノビタレコードに譲渡
  • 2013年10月、社団法人ロボット平和利用促進協会設立。理事長に野比のび太就任。
  • 2014年4月、大きくなりすぎたグループ会社、不足する人材を補うため人材派遣業・株式会社ジャイアンヒューマンキャピタルを設立。
  • 2014年5月、レーシングチーム、ジャイアン・レーシングを設立。superGTやスーパーフォーミュラなど日本の各種レースカテゴリーに参戦表明。同時期のF1参戦も発表した。
  • 2014年6月、株式会社剛田百貨店設立。一号店が東京都千代田区八番町に開店。

2010年代後半[編集]

  • 2015年2月、経営破綻した地元練馬区の地方銀行・株式会社練馬振興銀行を買収。株式会社ジャイアン銀行の子会社とし、社名を株式会社ネリマストリート銀行に変更。
  • 2016年12月、剛田氏が衆議院解散に伴う総選挙に出馬を打診されるも断る。また同時期に出木杉英才氏から、共同で学校法人の設立を打診されるもやはり断る。
  • 2017年3月、ジャイアンメトロ青山線が開業。
  • 2017年4月、株式会社ゴウダコミュニケーション設立。地元練馬区密着のケーブルテレビ、インターネットプロバイダ事業を手がける。現在ではジャイアンメトロ沿線まで事業拡大し、千代田区にも進出。
  • 2018年4月、渋谷駅近くに映画館「「VACANT LOT MOVIE -SHIBUYA-」を開館。運営会社として株式会社剛田放映設立。名誉社長に剛田武就任。
  • 2019年、新たに開場した国立競技場をホームスタジアムとするプロサッカークラブ「東京ジャイアンズFC」を創設し、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟。
  • 2019年11月、剛田雑貨店開業50周年の節目を迎えるにあたり、本社の全機能を東京都練馬区から東京都千代田区八番町(現在地)に移転。本社ビルはジャイアンタワーと呼ばれる、日本有数の超高層ビルである。

移転と同時に剛田商店本社ビルの横に企業立病院・剛田メモリアル病院を開設。診療科数30標榜科・病床数約2000床の国内最大級の総合病院である。 大学病院のように臨床だけではなく研究も重視しており、日本屈指の設備と研究環境を求めて日本中の大学病院から医学研究者が集まっている。

2020年代[編集]

  • 2020年4月、剛田会長の悲願であった自動車製造会社が設立。ジャパンゴウダ自動車株式会社
  • 2022年4月、骨川商事から株式会社骨川重化学工業の株式を45%取得し、株式会社剛田骨川重工設立
  • 2026年4月、剛田和代生誕100周年を記念し、スーパージャイアンズやゴウダマートを始めとする販売業各社が一斉にセールを開始。剛談社から記念誌である剛田武・株式会社剛田商店 社史編纂室共著『ビッグマザー -剛田和代の生涯-』『ベストパートナー -骨川スネ夫という人-』『NOVITA -心の友よ-』を同時発刊。三冊とも発売日中に売り切れるという盛況ぶりだった。また剛田和代・骨川家記念館が開館30周年を記念し、美術館も兼ねてリニュアールオープン。この年は株式会社剛田商店東証一部上場30周年の年でもあった。

経営[編集]

店舗展開
フランチャイズ方式と企業買収により拡大。
リサイタル券
ジャイアングループの店舗で、1万円以上購入したお客様にリサイタル券がもらえる。
プリペイドカード
ジャイアングループの店舗でのお釣りは、現金でなく、プリペイドカードで渡される。また、購入金額100円に対して1ポイント(1円換算)が貯まり、商品券として、利用可能。このプリペイドカードを持っている住民の利用率はほぼ100%を維持し注目されている。ジャイアン電気鉄道とジャイアンメトロが導入している交通系ICカード「Gica(ジャイカ)」へのポイント移行も可能。
宣伝・広告
ジャイアングループの広告は、骨川スネ夫が代表取締役社長をしている株式会社骨川広告社に一括して依頼している。
特撮映画部門
ジャイアングループは映画製作にも進出している。MGMと提携を結んでおり「スーパージャイアン」は2011年スピンオフ含め現在累計69本を数える超人気シリーズとなっている。

仕入先[編集]

  • 株式会社骨川商事
  • 株式会社骨川貿易
  • 株式会社ジャイアンフーズ
  • 株式会社ノビタレコード
  • 株式会社エクシング(カラオケ通信システムUGAの運営会社) 他

独自商品[編集]

Bouncypotato.gif
この記事「剛田商店 (総合商社)」は何故か「剛田商店」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。
  • ジャイアン・シチュー
  • Goudaチーズ
  • 剛田武CDシリーズ 剛田商店限定版(雑貨)
  • ジャイアンズ応援グッズ(娯楽)
  • ジャイアン銀行(金融)
  • ジャイアンドワイ(通販)


Hakaibakudan.gif 大変なことになっちゃった。この記事「剛田商店 (総合商社)」はおもしろくないドラえもんが暴走しているよ!早く良い記事にして、ドラえもんを止めなくちゃ!良い記事にしてくれたら僕のお小遣いX円あげるからよろしく! のび犬より (Portal:スタブ)