佐久島

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「佐久島」の項目を執筆しています。

佐久島(さくしま)は、名古屋共和国の辺境の地である一色町に属する島。 島の全域が公園指定されているため、島民の全ては公園に住み着いてい

概要[編集]

佐久島の面積は1.81km2、ナゴヤドーム10個分程であり、メロンパン換算では10,000個分に相当する。

島への交通手段として愛知県西尾市一色町の一色さかな広場に定期船乗場が用意されており、片道20分で一色町から佐久島へ向かう事ができる。

佐久島のライフラインは厳しい状況にあり、水道は隣の日間賀島を経由し、南知多町から海底パイプで送られているが、契約している島民1名でも水道料金を滞納し続ければ島全体の死活問題になる。 またガスは都市ガスの供給がないためプロパンガスに依存している。

噂話[編集]

  • 台風による死亡者発生が度々地元の新聞紙で報じられるが、島民の人数に変化はない。
  • 近年はアートの島としてインスタ蠅に人気だが、定期船の乗車人数が行きと帰りで一致しない。

歴史[編集]

佐久島は縄文時代から人が住み始めており、生きた化石である縄文人も未だ生活している。「佐久島旧記」と呼ばれる文書には、明治以前の島の掟や儀式等怪しい話が書かれている、中には佐久島北部にある沼から鬼が湧き出て島人を襲ったという記録も残っている。似たような記録がどこか山の中の村でもあったような気がするが関連性はないと思われる。 1957年に三河湾国定公園に指定(この時同時に日本国政府特別保護地域にも指定された)される。 しかし、本土側の一色町へ移住し離島する住民が相次ぎ、島の人口は減少。しかし、離島した住民の8割が1ヵ月以内に戻ってきており大半が「島を離れるとおやしろ様に祟られる」などと意味不明な証言をしており、残りの2割は一色町で奇行を繰り返し、喉を掻き毟って自殺を図るという不自然な死が相次ぎ、一時期一色町と佐久島では様々な噂が流れた。 今のところ、佐久島へ移住する人も逆に佐久島から一色町に離島する人もいない。 あの事件以降、佐久島は呪われている島という考えが広がり、未だに年寄りの中にはそれを信じ込んでいる人がいるが、今となっては都市伝説ほどで誰も気にしていない。

[編集]

秘密裏に日本国政府の特別保護地域に指定されている佐久島だが、一体何があるのだろうか。 また島の半分以上が三菱重工の敷地というのもかなり怪しい。 噂では、佐久島の下には政府の極秘研究所があるとかないとか。 現在、有志による調査が行われている。

また、20年ほど前には向こう側の人たちがよく訪れたという話がある。

奇行を行う人々[編集]

事件にも書かれていたものとは別に、わざわざコスプレをして島の海岸で踊りだす人たちが近年増加しており、島を奇声を発しながら走り回ったり、制服を着て殺し合いをしていたり奇行を行う者たちもいる。しかし島の人たちは島が活気づいて嬉しいと笑顔で話している。

関連項目[編集]