五代雄介

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

五代雄介は、架空の人物です(Byオダギリジョー)。

性格[編集]

人助けとあれば、給料は気にしないのだ。

人のため[編集]

恩師である神崎昭二(神崎士郎の父親の異世界同位体)の教えや、妹である五代みのりを守ってきたことで、自身の信念は「人のため」ということになっている。サムズアップや笑顔などの2000の技も、その「人の笑顔のため」という考えに役立つと思い身に着けたものが多い。というか、そういう性格の役だった。

戦う事への嫌悪[編集]

例え人の笑顔を守るためとはいえ、というかそういう役とはいえ、いい歳した大人がなんで路上で「変身」とかすることを嫌悪していた。その思いもあり、最後の難敵ン・ダグバ・ゼバとの戦いではお互いのベルトが破壊され、最後は変身の解けた状態で殴りあうことになる。雪の中で泥臭く殴りあう姿は、とても日曜日の朝から流していいような映像ではなかったが最後だしいいいよね。

クウガの力の源はそのベルトといって問題無い。まあ、補足するなら、『ディケイド』での描写を見る限り、変身する者の精神状態や肉体強度も関係しているようである。

そのベルトを失った事で、本郷教授などの伏線めいたものもあったが、このおかげで変身できなくなり、次回作に出てもどうせ変身できないということでパラレルワールドということにされた。


・・・かとおもいきや、10年後も変身できてました。

2000の技[編集]

先輩(とは思ってないかもしれないが、一応年上の)スカイライダーの技の数は、修行により身に着けた99の技と元々持っていた技であり、その2000の技という数の多さがわかる。

  • 笑顔
  • サムズアップ
  • 変身

…and more.

異世界同位体[編集]

五代雄介の異世界同位体。ぶっちゃけ、オダギリが出演しないから代わりに、穴埋めとして設定した。まあ、あんな作品になるなら、変身後だけ登場して旅についてこないとかでもよかった。

鈴木一哉[編集]

電王の真世界で、鈴木クウガに変身する。『仮面ライダー×仮面ライダー クウガVSクウガ 陰陽』で変身。

もともとは、近未来の世界にて電王の捜査を手伝う新米刑事だったが、過去の世界で父親に出会ったのがきっかけで、歴史がかわってしまう[1]。クウガに変身する。

仮面ライダー鋭鬼の中の人カズくんとは関係ない。

小野寺ユウスケ[編集]

クウガの異世界で小野寺クウガに変身する。

最初で最後の活躍・・・

俗に言われる「弱い方のクウガ」。その弱さは圧倒的で、平成ライダーの中ではG3やグリドン黒影コンビに並ぶ噛ませ扱いされている。ディケイドクウガと二人でやっと鈴木クウガを倒すほど。その扱いのせいで小野寺クウガのライジングアルティメットは、設定上オリジナルのアルティメットフォームを上回るはずなのに「グローイングフォームにも勝てない」と言われてしまっている。まあ、オリジナルのほうもそんなに強い描写もなく大抵はボコられていt(ry

まあ、それもこれも悪魔のせい。悪魔がいなくてゲゲルが成功してても、ン・ガミオ・ゼダは目覚めてすぐには行動しなかっただろう[2]から、本当にン・ガミオ・ゼダと闘うときには心も成長してライジングの力も使いこなせてたはず[要出典]。あねさんだって、死ななかっただろう[要出典]

オリジナルクウガがどっか行ったっきり帰らないため、ディケイド以降のオールライダー系作品には基本的に彼が出演している。そのせいでオリジナルのファンは毎回毎回弱っちいクウガを見せられてご立腹である。オールライダー大集合ゲームでも長いことハブられてきたが、「バトライドウォー 創世」にて隠し要素として参戦。しかしオリジナルクウガから共演NGを言い渡されタッグが組めなくなった。ブラックさん仮面ドライバーは、同一人物のくせにタッグを組んで戦えるというのに。

天宮ユウスケ[編集]

スーパー戦隊の世界」でレッドファルコンに変身する。演じたのは、イベリコブタ

ちなみに、親友の弟は、沢木哲也(仮面ライダーアギト)の異世界同位体と本郷猛(仮面ライダー1号)の異世界同位体。

その他のユウスケ[編集]

友井ユウスケ
アギトの舞台裏の世界」で仮面ライダーギルスに変身する。
山本ユウスケ
正体はスコルピオワーム。「カブトの舞台裏の世界」で神代剣に擬態し、仮面ライダーサソードに変身する。
上地ユウスケ
正体はフィロキセラワーム。「Gの世界」で織田大道に擬態する。
ユウスケ・サンタマリア
ロトの裕者の末裔とされる人物。仮面ライダーに変身できるかは今のところ未定。

[編集]

  1. ^ 自分の息子(を思わせる人間)に出会ったことで、家族のことで考え危険な仕事をさけたたことで、生き残る。そのことで、父親との確執が生まれ、刑事という仕事に嫌悪感を抱き、冒険家となってベルトというプレシャスを発見する。
  2. ^ 「クウガの真世界」のン・ダグバ・ゼバでさえ、ベルトの修復とかしてたくらいだし。またガミオ自身「俺は目覚めてはいけなかった!!」と嘆いていたし。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「五代雄介」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「五代雄介」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「五代雄介」の記事を執筆しています。


大大大大大将軍.jpg この項目『五代雄介』は仮面ライダーに関連した書きかけ項目なんだ。だからみんなも加筆してくれよな! してくれなかったら、絶対に許さねえ! (Portal:スタブ)