亀田家のボクシング用語

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

亀田家のボクシング用語(かめだけのボクシングようご)とは、亀田史郎とその子たち亀田三兄弟の間で使われていると思しきボクシング用語風な隠語の数々である。

要はだけのボクシング用語である。

発見に至るまでの経緯[編集]

2007年10月11日の内藤大助VS2号戦に於いて、1号「おい、大毅。肘でもいいから目にいれろよ。思いっきり」と発言。

その直前に父・史郎ぴー狙ってもいいから」と発言していた事から、「これは反則ではないか」という声が上がった。

その翌日、1号によって「亀田家のボクシング用語」である事が判明。これにより、今後の新しい用語の更なる発見が期待される。

ボクシング用語の一部[編集]

  • 「肘でもいいから目に入れろ」
を使ってを攻撃しろ」ではなく、「肘を目に入れてビックリ人間コンテストに出ようぜ」という意味
「たまを狙え」ではなく、「ボウリングを極めて金城武を超えよう」という意味
  • 「投げろ」
「相手選手を投げろ」ではなく、「ハンマー投げを極めて室伏広治を超えよう」という意味
  • 「負けたら切腹したる」
「負けたら割腹自殺する」ではなく「負けたら亀田家専用板立つよ」という意味
「割腹をしようとする」ではなく「料理の修行をする」という意味
  • 「親父だけの者」
「親父限定の検閲により削除」ではなく「親父以外の検閲により削除」という意味
  • 「蛍光が会った」
「栄光があった」ではなく「蛍雪の光に出会った」という意味
「ボクシングの道は終わってはいない」ではなく「ボクシングの道は分単位では表せない」という意味
  • 「万文の山」
「万丈の山」ではなく「文字数が万単位の作文(反省文、始末書)の山」という意味
または標高250メートルの山[1]
  • 「はばまおう」
「阻もう」ではなく「幅魔王、つまりお前を太らせようとたくらむ甘い誘惑が立ちふさがっている」という意味
  • 「戦陣の谷」
千尋の谷」ではなく「乱闘する観客の狭間」という意味
  • 「前え進め」
「前へ進め」ではなく「前にあるSの道に住みつけ」という意味。
土井八郎の身長は156cm」ではなく「アンサイクロペディアでは定番のネタ」という意味
  1. ^ なお、「万丈」をメートル法に直すと約30キロメートル。さすが史郎氏、身の丈を判っているようです。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]