乳合わせ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディアンがとても偏っている証拠に、「乳合わせ」の項目はまだありません。アンサイクロペディアンとの格の違いを見せつけてやりましょう。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「乳合わせ」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「乳合わせ」の記事を執筆しています。

乳合わせ(ちちあわ-)とは、互いに向かい合って相手のを受け止め押し合う事。転じて女性同士の激しい試合を指す事もある。

概要[編集]

乳合わせのイメージ。

古くは江戸時代の武芸書にも記述があり、女武芸者の果たし合いを指して乳合わせと記されている[要出典]。薙刀や刀などの得物をお互いに失い、徒手格闘までもつれ込んだ際に、相手が拳を振りかぶれないように密着しようとしたのが始まりだと思われる。

素手素足の格闘では、距離をある程度離し末端部位を加速させる余地が必要となる[1]が、乳合わせの状態ではそれが全く行えず純粋な腕力脚力しか使えなくなってしまう。勿論自分も相手も同じ状態になる上密着することで重心を崩しにくく投げ技にも移行しづらい[2]ため、そのまま膠着状態に陥ってしまう。ただ顔と顔が密着するほどに押し付けあう為、ここから口喧嘩に持ち込まれることもあったらしい[要出典]

乳合わせの類型[編集]

板合わせ
胸部の防御が薄い者同士で行われる乳合わせ。
一般的な乳合わせより密着度が高く、膠着度合いも強い。
兜合わせ
兜を被った頭同士を押し付けあう。
これを行うのは男性の場合が多いが、一部の特殊な女性も行う。
貝合わせ
松葉崩しとも呼ばれ、腰を押し付け合う事で動きを封じあう。腰は動きの起点になるため、ここを封じられると膠着したまま長引いてしまう。
これは殆どの場合女性しか行わない。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

脚注[編集]

  1. ^ 助走を付けなければ遠くへ飛べないのと同じで、予備動作がなければ十全な威力は出せない。
  2. ^ 相撲のように相手が大兵肥満であれば掴む所もあるが、一般的な女性の体型では無理。

関連項目[編集]

もしかして: 鍔迫り合い