乗車券

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「乗車券」の項目を執筆しています。

乗車券(じょうしゃけん)とは、公共交通機関が販売している紙切れで、行き先に応じた運賃の物を購入して乗車すると、何も買わずに乗車するよりも乗務員さんがひいき目で見てくれます。

正しいとされている買い方[編集]

一般的な乗車券の例。

に備え付けの券売機に紙幣か貨幣を挿入して、行き先までのきっぷを買います。

最近は、Suicaクレジットカードでも購入できる、無駄に機能ばかり充実していて、棺桶に片足を突っ込んだ年寄りや漢字もろくに読めないガキゆとり世代にやさしくない券売機も存在します。

そんなときには木なんか一本も生えてないくせに名前だけは緑色の「みどりの窓口」に行くと、苦虫を噛み潰したような目つきで駅の助役がチケッティングしてくれます。行き先を告げると、かったるそうに端末に経路を入力して、終わると「幾らです!」とぶっきらぼうな口調で言われます。また、クレジットカードで購入する場合は予め出しておかないと逆ギレされ命に危険が生じます。これは、クレジットカードで購入した乗車券には「貧乏人の証」と証する「C制」の印字をする必要があるからです。また、うっかり忘れると、「次からカード切るときは最初から出せよな貧乏人(゚Д゚)ゴルァ!!」と嫌味を言いながらC制スタンプをこれ見よがしに捺印されます。

行き先までの運賃が分からない場合や、行き先を決めずにニートの如くぶらり途中下車したい場合は、券売機の中で一番安いきっぷを買っておくと便利です。

正しいとされている乗り方[編集]

何はともあれ切符が手に入ったら電車に乗ります。電車が来るまではクラウチングの姿勢でホームに待機し、時々興味のある異性を舐めるように見つめたり、自販機やキオスクでお買い物を楽しんだり、柱に備え付けられた駅設備をいたずらしたりして暇を潰しますが、間もなく列車が到着する放送が流れたらそれらをやめて列車に駆け込めるような体制を整えます。

ドアが開いたら鮮やかに駆け込み、バク転をしながら車内に進入します。自分が2人目の旅客なら「2get」と叫びながらスライディングするのが正しいお作法です。

旅行通のあなたに相応しい乗車券のお求め方[編集]

基本は初乗り運賃のきっぷをお求めになってください。 目的地が温泉地などの田舎で、自動改札が普及していない場合は目的地の前後でいったん下車して、無人券売機で「その駅から目的の駅まで」のきっぷをお求め下さい。 (つづく)

関連項目[編集]


この項目「乗車券」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ている貴方(貴女)も、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)