三線軌

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
「間違いねぇ…5年前この目で見たんだ。三線軌は絶対山形にある!後、たぶん秋田にも…」
三線軌 について、とある鉄ちゃん

三線軌(さんせんき)とは、新幹線と在来線が両方通れる珍しいレールのことである。え、それって1分の1スケール、プラレールのこと?イヤ、違うって…

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「三線軌条」の項目を執筆しています。

概要[編集]

イギリスで歴史上始めて、ロンドン郊外のハイドパークとスコットランドを結ぶ鉄道として開業した、ストックトン・アンド・ダーリントン鉄道では、レールとレールの間が1hyde(=1560mm)と定められた。その後、1hydeぴったりだと車輪に不具合が生じたことから、多くの鉄道では1430mmの標準軌間が採用された。しかし、当時はイギリス国内で鉄道バブルの状態であり、610mmから1600mmまで多種多様の規格が乱立した。

この問題を解決するため、多くの鉄道では、2本だけレールを敷けばすむところ、3本も4本もレールを敷くはめに陥った。現在でも、ロンドン市内では、4本のレールが敷かれた線路を、クソ狭い電車が、クソでかいイギリス人をぎっしり詰め込んで往来する光景がよくみられる。グモッチュイーーン対策として、レールが空中に浮かんでいる例もみられた。のちの銀河鉄道管理局大銀河本線である。

また当然の事ではあるが、倫敦の鉄ちゃんの間では軌間規格ごとの派閥が生まれ、フーリガンさながらの激闘が連日連夜繰り広げられていた。その裏では、これまた当然だが、それぞれ軌間規格の車両の製造元や鉄道会社などがシェア独占のために資金提供や煽動を行っていたことはいうまでもなく、一部の暇をもてあましていた貴族なんかも余興と称してちょっかいをだしていたらしい。

もちろん、この争いにブックメーカーが一枚どころか二枚三枚とかんでいたことは歴史書をみなおす以前の事実。

流石は紳士の国と自称して憚らないだけのことはある。

しつこいぐらい当然のことながら、これら本場倫敦における鉄争いは、そのまま海を渡り、派閥の内容こそ変化したものの、日本国内における鉄闘争へと発展していくことになる。

日本の三線軌区間[編集]

日本では、JR車両と標準軌の私鉄路線が、電車でDなどの競技を行うために存在する。しかし、近年、修繕維持費などのコストの問題や、騒音及び振動に対する周辺住民からの苦情を受け、廃止案も持ち上がっており、一部鉄ヲタとの論争は避けられない見通しである。

現存する三線区間としては、在来線の京急逗子線および箱根登山鉄道線で採用されるほか、新在直通路線として秋田新幹線の神宮寺 - 峰吉川間の13kmでみられる例が有名である。

これらの路線では、レールが同一平面に敷かれており非常にわかりやすい。ん、ちょっと山の方に偏ってないか?

一方、レールが1本だけ、一段高い位置に設置される形態のものが、多くの孤立路線でみられる。これらの路線では、他社車両は駅の階段から乗り入れ、少し斜めに傾いた状態で走行することで、ホームなど工作物に当たらないようになっている。駅のホームをどうやって電車が横切ってレールに乗るのかまで考えると、夜も眠れなくなっちゃうためお勧めできない。通常は非電化路線であり、長大トンネルを多数持つ例が多い。

また、天井からレールが1本ぶら下がっている形態のものも、しばしばみられる。このレールに車輪を乗せるには、列車を逆さまにしないといけないが、こちらも、よく考えると夜も眠れなくなっちゃうため(以下略)

近鉄ではさらに、天井からぶら下がるレールを、ワイヤなどでつり下げている例がみられる。車輪がレールに乗るとぶらぶら動いてしまうと思われるが、夜も(以下略)

かつて三線軌であった区間[編集]

山形新幹線の蔵王 - 山形間は貨物輸送の為に三線軌だったらしいが、廃止されたよー。あと、山形新幹線を新庄まで延伸したときに羽前千歳 - 漆山間も貨物の為に三線軌だったけど、撤去されました。つまり、山形に三線軌はもう無い。

あとお隣の秋田犬にもあるわけだけど、見事なまでにローカル新幹線つながりで涙なしでは語れない。

因みにこの執筆者は、鉄ちゃんじゃあねえ。とか、誰か言っているけど、誰も気にしない

京急大師線にももう無い。箱根登山鉄道も既に大半はがされて一部かろうじて残っているだけだ。

関連項目[編集]