酸化ンシオン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索


画面中央に酸化ンシオンが発生している

酸化ンシオン(さんか- )は春先の大気中に含まれる酸化化合物である。分子量156。

概要[編集]

酸化ンシオンは冬将軍春ちゃんの間の対立空間に生じる。局地的に発生し様々な天候の変化を引き起こす。酸化ンシオンを還元するとンシオンが生成されるが、しりとりのルールを乱したのちに直ちにハルジオンに吸収分解される。紫苑科の植物から抽出され世の知るところとなった。

性質[編集]

鏡像異性体である。およそ72〜96時間で一斉に「ぽこん」と裏返り、r/l反転を起こす。l-酸化ンシオンは大気中の熱エネルギーと水蒸気を吸着しクラスタ化する。対してr-酸化ンシオンは熱エネルギーと水蒸気を放出しながら拡散してゆく。l-酸化ンシオンは冬将軍側、r-酸化ンシオンは春ちゃんの心強い味方である。冬将軍と春ちゃんの対立は激しく常に互角の戦いをするが、l-酸化ンシオンの半減期は比較的短いため、最終的に春ちゃんが勝利を収める。

冬将軍の勢力範囲から、天然の酸化ンシオンは日本、朝鮮半島、中国北東部にのみ見られる。

酸化ンシオンのもたらす反応[編集]

  • スギ花粉放出の促進をすると考えられている。
  • 熱を吸収するl-酸化ンシオンはスカイフィッシュの主成分であると考えられる。
  • 桜の開花を促す。
  • コートの下は全裸の助の冬眠解除を促す。
  • 近所の人との会話を一様にする。
    「もうーあったかくなったとおもったらこれだものねぇ〜」
  • 冬服と春服を同時に誘発するため部屋が乱雑になる。
  • コタツ布団を出したりしまったりさせる。
  • ストーブの灯油を買い足すかどうかの判断を惑わす。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「三寒四温」の項目を執筆しています。