七五三

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

七五三(しちごさん)は、日本における伝統的な感染症である。正式名称は七五三依存症候群(英語:Shichigosan syndrome)であり、特定疾患に認定されている。エクストリーム・スポーツと関連があるとされていたこともある。

感染原因[編集]

参詣(11月)に七五三菌の空気感染によって発症したケースが大多数を占めている。残りはインターネットや新聞のチラシや読唇術などである。

日本人間に起こる病気であるが、小児への感染は極めて稀であり、主に7歳、3歳の女子や5歳、3歳[1]男子を持つ保護者、または祖父母が感染しやすい。あまり感染予防がされていないことや、感染しても免疫細胞が作られないといった原因により、感染件数は増える一方である。

外国人[編集]

日本人は七五三に感染しやすいということは判明しただろう。ただ、外国人であれば感染しないという訳ではなく、外国から日本に移住[2]してきた場合は日本人と同じように感染してしまう。近年はインターネットが普及してしまい、そこからの感染者が急増している。また、インターネットでは七五三の危険性などが説明されることは無いといっても過言ではない状況であるため、外国人の七五三患者増加が懸念されている。

症状[編集]

症状は次の通りである。同年齢の患者たちが同じような症状を起こすとされているため、健全者は患者を何かの宗教かと勘違いしてしまうことがある。

親や親戚[編集]

服を借りたり買ったりする

子供に着せるための着物を借りたり買ったりする。家族などはこれを積極的に行うが、子供はめんどくさいと感じてストレスを溜めるので、あまり時間を掛けない方がいい。

写真撮影

子供(孫)に強制的古臭い色鮮やかな和服を着せ、それを写真撮影する。一見立派な伝統に見えるが、私利私欲が混ざっていることを忘れてはいけない。

ママ友などに自慢

上の物とセットで行われる。井戸端会議などで行われる。ママ友の他にも、年寄り仲間などに自慢することもある。時間の無駄である。

このように、金銭的な負担があったり、時間無駄になったりしている。だが、「歴史がある」「思い出になる」といった言い訳理由で、前述した多少[要出典]の損失は気にされずに終わってしまうのが特徴である。また、本人が自ら感染したことに気づくことはで、さらに家族などに七五三の感染を指摘されても全く気づかないことが多い。それどころか、指摘した本人を疑うといった開き直り行為も確認されている。

[編集]

小児の感染は稀であるが、一応解説する。

親に着物をねだる

自分で着るための着物を親にねだる。この時点で子供がこうだったり、親がこうだったり貧乏でなければ、親は買ってくれるだろう。なお、この時点で親は面倒くさいと感じることが多い。

写真撮影をねだる

親や親戚と一緒に、着物を着て写真撮影をしたがる。親は面倒くさがりながらも、息子や娘の言うことには逆らえず、渋々と写真撮影をする。なお、この時点で親は私利私欲が混ざっていることにやっと気づくが、すでに手遅れである。

幼稚園や学校で自慢する。

これまでの事例を全てこなした場合に行われる。幼稚園学校友達先生に経緯を簡単に説明する。

このように、親は金銭的な負担が掛かり、時間が掛かり、結局手元には撮った写真しか残らない。だが、息子や娘の笑顔には結局負けてしまい、子供に金銭的な負担や時間の無駄を咎めることは無いまま終わってしまう。

感染予防[編集]

日本から出る

外国に行って平凡に生活すれば、七五三に感染することは無いという考えもある。ただ、これは間違いで、わざわざ日本に戻って症状を起こす者もいる。また、そもそも仕事や言語の壁、ご近所付き合いといったことをやり直さなければならないため、対策としては無理がある。

マスクの着用

これはお手軽に出来て、さらに安いため、一部の人間からは過激にお勧めされている。だが、そもそも11月には他の病気が少ないため、あまり効率が良いとは言えず、さらに七五三がマスクで予防できるという信頼できる情報源は全く見つからないため、マスクを使うのはよろしくない。

ガスマスク

これは効果的で、七五三に感染することは無いといっても過言ではない。また、ほかの病気も防ぐことができ、ガスマスク自体を取りかえる必要がないのでマスクより楽である。難点としては、ガスマスクは出費が多いことと、ファッションに敏感な人にはお勧めできないという事である。ガスマスクはあまり高いものを買ってしまうと、七五三に感染した場合より出費が掛かってしまう。また、ガスマスクを取り入れたファッションは、この時代にはまだ早すぎるため、顰蹙を買って職務質問をされることになるだろう。

引きこもる

これは一番効果的で、ある医学のジャーナリスト[誰?]も勧めている。部屋に閉じこもり、外気を完全にシャットアウトするのである。仕事税金支払いなどはパソコンを使って対処し、食事はキノコやもやしなどを育てればいいため、問題点は無く、まさに完璧の対処法であると言われていた。だが、この感染予防には穴があったため、これに試した人々はほとんどが3時間ほどでギブアップしてしまい、この案を考えたジャーナリストの人と熱狂的な支持者は大いに困惑した。それは、トイレや空腹酸素の濃度低下などといった初歩的な事であった。三日間出なかった猛者もいたが、栄養の偏りによる栄養失調により、やむをえず諦めることとなった。

治療法[編集]

千歳飴[編集]

千歳飴と呼ばれる棒状の飴(100円位)が古来より特効薬だとされている。そのため、七五三の時期には近くのスーパーに置いてある。

指摘されている点[編集]

ただの宣伝ではないか

ペコちゃん教のプロパガンダである可能性が高く、実際はパーキンソン病やALS(筋萎縮性側索硬化症)に次ぐ難病だとの見方もある。

そもそも必要ない

この病気は発症後、最短では一晩、最長でも一か月ほどで治るため、必要がないという意見である。

お菓子の依存症患者を増やしているだけ

自称特効薬の千歳飴は、中身はただのお菓子なので依存性があって危険という意見である。100円位という低価格も合わせていることが多い。

ただし三つ目の意見には「千歳飴の依存は一時的なもので、発売されず買えないと、数か月ですぐ味を忘れる」「そもそも千歳飴は好きじゃない」「家の近くでは100円で売っていない」「お菓子じゃなくて菓子だろ」などといった反論も集められており、七五三の感染時期になると、毎日のように議論が行われている。

病院[編集]

千歳飴では効果がないと踏み、病院に感染者を連れていった事例も確認されている。哀れに一生懸命症状を説明したのだろうが、それにより症状が収まったという報告は出ていない。

それは、医科学では七五三は「感染しても問題ない。むしろ、景気が少し改善されるので良い」という意見が大多数[3]であり、反対意見は「常識知らず」として袋叩きにされるだけだからである。

なお、現在の医療で七五三は治せるとされている。だが、なぜ治療が行われないのかというと、写真撮影の業界との裏の関わりがあるとされているからである。[要出典]

その他[編集]

まだ確認されていない。そのため、新治療の発見が急がれている。

エクストリーム・スポーツとの関連[編集]

千歳飴を1週間にどれだけ多く食べられるかを競うエクストリーム・千歳飴喰いが同時開催されたことがある。1週目に3歳の部、2週目に5歳の部、3週目に7歳の部が行われ、4週目に全年齢対象の部が行わていた。過去において総合優勝者はギャル曽根のみである。知名度は薄いものの、毎年行われていた伝統ある行事だったが、近年エクストリーム・スポーツが増えすぎて社会問題となっていたため、日本でしか行われないという理由でエクストリーム・千歳飴喰いは理不尽に突然終了し、なかったことになった。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「七五三」の項目を執筆しています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「七五三」の記事を執筆しています。

脚注[編集]

  1. ^ 男子の七五三では3歳も含まれるのかという問題があるので、3歳の七五三はあったりなかったりする。
  2. ^ 参詣の季節では、旅行で日本に来た場合でも感染する可能性もある。
  3. ^ 七五三に感染した医師が大多数を占める。
この項目「七五三」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)