レッドキング

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

レッドキングとは、洗濯板の原料となる怪獣である。

概要[編集]

昔からUMAとしてその存在が知られていたりいなかったりしたが、1966年に多々良島で発見され一躍有名になった。その際目撃者を殺そうと迫ってきたものの、探検隊の一人が怪獣ハンターだったため討伐に成功し、肉質や皮膚、骨格等の詳しいデータを手に入れるに至った。研究の結果剥ぎ取った素材で良質な洗濯板を作れる事が判明してからは密猟者に乱獲され、もともと少なかった個体数が激減。洗濯機の普及とともに市民からもすっかり忘れ去られ、以後40年間(1981年に一度だけ養殖モノが出回ったり、1993年にアメリカでも出回ったりした)公の場に現れる事はなかった。そして2007年を境に再び姿を消している。

確認された主な個体[編集]

知能は語彙からも容易に判断できる。

個体ごとに異なる追加装備を剥ぎ取れる事がある。

  • 初代
初めて人間に見付かった間抜け野郎。かなりのバカ。作られる洗濯板は衝撃に弱い。
  • 2代目
雪山で発見された個体。作られる洗濯板は3つに分解して収納出来るコンパクト仕様。さらに緊急時に役立つ爆薬も仕込まれた優れもの。戦闘や脱獄のお供にいかが?
  • 3代目
1975年に現れた養殖モノ。後述するアボラスと一緒に登場した。
  • 4代目?
1980年に現れた養殖モノ。初代に近い質感が再現されている。洗濯板は初代より衝撃に強い。
  • 5代目?
2005年に現れた個体同じものが3体いる。比較的皮膚が硬いのが特徴。洗濯板に加えストーンウォッシュ機能も備えている。今履いているジーンズの表面処理に納得がいかないなら試してみるのもいいかも知れない。
  • 6代目
多々良島の生き残り。能力も質感も初代とほぼ同じだが、シリーズ初のトランスフォーム能力を搭載し、タワシに変形する。
  • 7代目
ウルトラマンゴモラのライバル。さしずめニセウルトラマンレッドキングといったところか。飼い主が優秀だったため、本来力が及ばないはずのキングジョーすら破壊できるほど強くなった。
  • 8代目
ウルトラマンベリアルが呼び出した個体。突然現れたウルトラマンゼロに倒されて洗濯板にされた。
  • 9代目
すぐにバット星人グラシエにEX化させられてしまった。
  • 10代目
封印されていたものの、日本人の少女により解放されて同化させられ、ザラガスと闘わされた。とんだ迷惑である。
  • 11代目
こちらもダークサンダーエナジーを浴びせられてすぐにEX化させられてしまったが、エクシードXに元に戻された。
  • 12代目
ウザいYoutuber系社長が目覚めさせる。この個体は比較的知能も高く、ウルトラマンロッソの水球をキャッチして投げ返したり、力道山バリのチョップを見せたりした。なかなか戦いの盛り上げ方のわかっている奴である。そういう空気を読んでいたからかEX化はしなかった。
  • アメリカ産
1993年にアメリカで開発、流行の製品。赤くて大きいものと黄色くて小さいものがある。洗濯板については、調べる前に崖から落としてしまったり何者かに切り刻まれたりして両方とも壊れてしまったため詳細不明。

亜種[編集]

  • アボラス
顔と色以外はレッドキングとほぼ同じ。洗濯板は、発泡機能でどんなに頑固な汚れでもキレイに落とせるため最高級品とされる。おまけに耐久性も高く、例えばスペシウム光線なら2発まで耐えられる。
  • ブラックキング
ナックル星人が持ち込んだ粗悪品。皮膚が硬すぎて加工しにくい上、山と谷の起伏が緩いので汚れが落ちにくい。さらに洗濯物を焦がしてしまう事もあるためクレーマーに真っ二つにされた。
  • 改造レッドキング
業者が皮膚の面積を増やそうと遺伝子改造した結果生まれた失敗作。どう見てもゴリラ。全身がマグマのように熱く、タライの水を蒸発させ、洗濯物を焼き尽くし、使用者を野口英世にしてしまう。
  • スカルゴモラ
カプセルに封じ込まれ、同じくカプセルに封じ込まれたゴモラと合体させられた姿。よく見ないとレッドキング成分に気付けないくらいゴモラのDNAに敗北。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「レッドキング」の項目を執筆しています。
Ultrafrontier.jpeg やぁ、俺はマグナ。今から一緒にプラズマソウルハンティングに行かねえか?
なに?武器がねえのか?
だったらレッドキング加筆してくれ!頼んだぜ! (Portal:スタブ)