リョウ・サカザキ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
リョウ・サカザキ。「うおぉぉぉ!」
脱衣KOってレベルじゃねぇぞ!
リョウ・サカザキ について、モノウ・ルッテレ・ベルジャネーゾ

リョウ・サカザキ(Ryo Sakazaki、坂崎 亮)は、SNKの対戦型格闘ゲーム『龍虎の拳』シリーズ、『ザ・キング・オブ・ファイターズ』シリーズなどに登場する架空の格闘家。流派は極限流空手押忍!

龍虎の拳(初代)[編集]

主人公として登場する。「捕らわれのヒロイン」である妹のユリを取り戻すのが目的である。

脱衣に目覚める[編集]

哀れにも脱がされたキングさん(仮名)。

この時、既に脱衣癖が見られる。被害者はキングさん(仮名)。男装の麗人だったが、それを口実に剥いてしまうのである。

以下、被害者の談話(音声には修正をかけています)。
「ええ、それはもう、ひどいものでした。まさに、獲物に襲いかかるケダモノのように、私の衣服をビリビリと引き裂いたのです」
「彼の仲間(編注:ロバート・ガルシア)も、隣で見ていました。仲間は、『どないしたんや?』とからかっていました。今でも忘れられません」
「私は、怖くて、ただ震えるばかりでした。この恐怖が、早く過ぎてくれればいい、ただそれだけを念じていました」

幸い、衣服(と多少の擦過傷)以外の被害はなかったものの、彼女はPTSDを患った。克服には一年かかったという。彼女は、幼い弟と二人暮らしで、生活は彼女の細腕にかかっていたため、生活保護を受けることとなった。しかし、申請の際に、窓口の役人にアーン♥♥されそうになる。彼女の運命はお察し下さい

まさに悲劇のスパイラルであった。彼女が復讐に燃えたのも当然であろう(なお、窓口の役人は、後日バキューン!!されました。合掌)。

龍虎の拳2[編集]

妹にも容赦しない。

名目上は主人公だが、本作の事実上の主人公はユリなので、実際はお笑い担当となっている。そのためか、脱衣熱が上昇し、もはや男女の区別無く脱がすようになった。

もちろん、実の妹であるユリも例外ではない。ソレ何てエロゲ?

脱衣ゲーム化[編集]

脱がされる方も男女の別がないため、脱がす方も男女の別がない。上半身ハダカで戦うタクマ・サカザキが脱衣で勝った時にはもう、敗者は一体どうなってしまうのか!?

リョウはパーフェクトで勝利すると片肌を脱ぐため、脱衣KOで勝った時には敗者の運命はお察しください

ユリはパーフェクトで勝利すると自ら帯を外して道着をはだける。キングを脱衣させてパーフェクトで勝利した時には、中二病者の脳内が大変なことになる。

ART OF FIGHTING 龍虎の拳外伝[編集]

副主人公として登場(主役はロバートに取られました)。『2』で変えた服装は不評なので、初代の服装に戻しました。

ユリも登場するが『2』でブーイングを受けまくったので、初代と同じくサブキャラクターに戻りました。

タクマは出ないが「上半身ハダカ」は不破刃に受け継がれました。(頭巾を被っちゃってますが)すごい漢だ!

藤堂香澄には「父様は何処だ」と問い詰められ、ロバートの部下のカーマン・コールには見下されました。

本作でも母さんの仇は登場しませんでした。

餓狼伝説SPECIAL[編集]

挑戦者、現る!と称して、ノーミスで最終戦まで勝ち抜いたプレイヤーキャラクターの前に立ちはだかる。気力制限が無い世界なので覇王翔孔拳などの大技が使い放題である。また龍虎乱舞はガード不能で、ギースやクラウザーは『当て身投げ』で受け止める事もできない。そのため、『龍虎の拳2』でのギース・ハワードなみに強い。

Mr.カラテ[編集]

天狗お面をかぶる最強な空手家にして、バレバレだがリョウの父タクマで、そして津田英治でもある。

リョウ自身もこの天狗をかぶって『2代目Mr.カラテ』を襲名し、お面が秘める力によってパワーアップする。

その他[編集]

『武力 ONE』と言うハッテン場におけるリョウのライバルはロバートでなく、『天堂凱』と言うジョー・ヒガシに似るトランクス一丁を相手に戦う。

やはり裸を全開だ。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「リョウ・サカザキ」の項目を執筆しています。
Abe いいこと思いついた お前 テンプレ貼った この項目「リョウ・サカザキ」に加筆しろ
男は度胸 !  何でもためしてみるのさ きっといい文になるぜ
ほら遠慮しないで 書いてみろよ (Portal:スタブ)