リアス式海岸

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「リアス式海岸」の項目を執筆しています。

もしかして: 岩手式海岸

リアス式海岸 (~しきかいがん)とは、日本人の大体が岩手県にしかないと考えている地形である。

「より複雑なリアス式海岸に!」
リアス式海岸 について、悪の組織

概要[編集]

リアス式海岸は狭い湾が複雑に入り組んだ地形を指し、概ね日本人の頭の中では浄土ヶ浜あたりの情景が再生されるのが常である。リアス式海岸は名の通り外来の用語なので日本国内限定であるはずがないのに、教科書内では概ね「岩手県の地形」として挙げられるため「岩手県の海岸はリアス式である」と捉えられるケースが多い。そのため多くはリアス式海岸の言葉だけは無駄に知っているのに意味は知らないというなんとも悲しい状態になっている。

日本国内におけるリアス式海岸は房総半島宇和海などでも目にする事ができるが、これといって注目される事は無い。リアス式海岸が存在するのは岩手県であり、千葉県愛媛県に存在してもリアス式海岸が実際何なのかさえ理解されていないため誰にもリアス式海岸であると認識されない。日本人にとってはリアス式海岸とは岩手県であり、岩手県とはリアス式海岸なのである。

なお、リアス式海岸が一体どんな海岸で、どこからどこまでがリアス式海岸なのかは地理学者の間でも完全には定まっていない。また、日本の教科書内でも『リアス式海岸』と『リアス海岸』のふたつが使用されており、名称さえも表記ブレしていた。つまり岩手県の地理はあやふやなのである。しかしながら岩手県は東北地域の中でも青森の下にある県でしょ」という評価を受ける事によってその位置を確立しているため日本地図内での認識度は高い。リアス式海岸はそんな岩手県の認識度、知名度を底上げする重要な存在なのである。