クロネコヤマト

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ヤマト運輸から転送)
移動: 案内検索

クロネコヤマトとは、の品種の一つ。この品種の猫はすべて黒猫であることが一般に知られている。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「クロネコヤマト」の項目を執筆しています。

概要[編集]

クロネコヤマトという品種には基本的に全身が黒い毛で覆われた個体しか存在しない。これは当初、アメリカから輸入した祖先の三毛猫から黒猫しか生まれてこなかった事に由来しているとされるが、遺伝学上ほかの色の個体が全く産まれないという事は極めて稀どころかありえない話であり、日本各地で盛んにクロネコヤマトの研究が行われている。

クロネコヤマトは、子供や、食べ物や、おもちゃや、家電製品や、スキー用具や、ゴルフ用具などあらゆる荷物を軽々と運ぶという特徴を持っている。こうした特徴を生かし、飼い主はクロネコヤマトに対し、のしつけのように指示したものを持ってこさせることを覚えさせ、これを完璧に習得させたところで他人に輸送を依頼された荷物を運ぶようしつけた。これが日本で広まった結果生まれたのが「宅急便」である。

全国の飼い主は連携して、クロネコヤマトによって効率よく荷物を配送するシステムを構築し、連合会を結成した。この連合会の事を、品種名を取って「ヤマト運輸」と命名し、現在でも「ヤマト運輸の宅急便」や「クロネコヤマトの宅急便」として一般への広告宣伝を行っている。

生物学上の特徴[編集]

  • 毛色が黒い個体しか存在しない
前述の通り、遺伝学上極めて稀な事であり、東京大学を始め全世界の大学や研究機関で目下研究が進められている。
  • 時速100km/h程度での走行が可能
これはネコ科最速のチーターをも上回る記録であり、多数の荷物を所持した状態でも速度が落ちることは無いため、各地の研究機関でこれほどの速度を創出するエネルギー源の探索が進められている。
  • 荷物をくわえて運ぶため、口を大きく開けることが出来る
顎の可動域が広いことによる。口が横に広がる個体も存在する。
  • 体内を5℃以下に保つことが出来る個体が存在する
生物学上最大の謎として知られている。
  • 大小さまざまな体長の個体が存在する
体長200cm程度のものから、800cm程度のものまで多数存在する。一般的な猫と比較して極端に大型であり、一般家庭での飼育は不向きであることから、クロネコヤマトはヤマト運輸連合会のみに限定販売されている。

亜種[編集]

クロネコヤマトには、繁殖時の突然変異によって生まれた亜種が存在する。これらは宅急便事業において、様々な輸送形態を構築するために活用され、大いに効果を生んでいる。

クロネコヤマトとしては珍しく、体長が100cmほどしかない小型で、運動機能を持たずに生まれてきた個体である。
その代り体が非常に柔らかく、折りたたむことが可能という特徴があり、これを生かして一般のクロネコヤマトに便乗して配達作業に従事し、狭い路地などへの配達に役立っている。
また、近年はエコのためと称し二酸化炭素の排出削減運動を行っていることから、移動に人力が必要ではあるものの二酸化炭素を排出しないこの種が大きな注目を集めている。
一般的な猫でいうところの「香箱座り」の体制のまま関節が固まった状態で生まれ、体を動かすことができない個体である。
その代り体長は超大型で、大きなもので1000cmほどあり、さらに口内の容積が著しく大きい。
こうした特徴を生かし、主に貨物列車に搭載されて長距離を移動する荷物の輸送に役立っている。

飼育方法[編集]

クロネコヤマトは、ヤマト運輸連合会限定販売であるため、この節は読者がヤマト運輸連合会員であるという前提の元記す。

まず、飼育の為には専用の倉庫が必要である。一般的な猫用のケージではとても入りきらないため、飼い主は各々様々な広さを持った倉庫を複数所有している。倉庫を自宅として使用している飼い主も数多くいる。

そして販売業者からお好みのクロネコヤマトを購入する。購入直後の個体は何の装飾もされていないただの黒猫であるため、用途に応じて適切な装飾を施す。なお、ヤマト運輸連合会では会則でクロネコヤマトの装飾方法が厳しく規定されているため、熱心な飼い主の元にいる猫のように煌びやかな衣装を着せたりするといったおしゃれは原則として認められていない。

クロネコヤマトの好物は軽油ガソリンなどの化石燃料である。また、体内に食料をため込むこともできるが、活動中にストックが尽きてしまうと動けなくなってしまうため、こまめな食料補給が重要である。一般的な猫が好むマタタビや、お魚や、ささみなどをあげてもクロネコヤマトは何の反応も示さないので注意が必要である。この点も一般的な猫と大きく違う点で、専門家は「体内にエンジンを持っているのではないか」と指摘している。

一般に活発な性格であるため、猫じゃらしなどを使って遊ぶことは良いとされている。しかしひとたび遊び始めればその図体の大きさから周囲に多大な迷惑が及ぶことは必至であるため、飼い主はクロネコヤマトを配達に出すことでストレス発散させている。 一方で体力はそれほど持ち合わせていないため、こまめにサービスエリアなどで休憩するようしつける事も重要である。これを怠ると前述のように食料ストックが尽きてしまい動けなくなる。

また、クロネコヤマトは個体により夜行性・昼行性の別があるため、クロネコヤマトそれぞれの性格を見極めながら、適切な飼育方法を取ることが重要である。

引っ越し・会社の倒産一身上の都合などにより、やむを得ずクロネコヤマトを手放さなければならなくなった場合は、保健所ではなくまずヤマト運輸連合会へ連絡することが先決である。保健所に持ち込んでも引き取ってはくれない。 また、いわゆる捨て猫行為も会則で厳重に禁止されている。 連合会には新たな飼い主の紹介制度があり、譲渡の仲介を行ってくれる。これは一般の猫でも「里親制度」として一部に広まっているものだが、クロネコヤマトの場合は品種の特殊性から、里親への譲渡以外で手放すことが禁止されている。これは全猫界の中でも初の快挙である。

近年、密林で通販を運んでいたクロネコの過労により、「過労に似合うエサ出せ!」と言う声が上がっている。密林では貨幣がないためにクロネコを文無しで飼育していたのだが、エサがなくなってしまい。こんな貨幣がないための弊害となった。そんなクロネコに未来があるのか?それは神のみぞ知る。

関連項目[編集]


この項目「クロネコヤマト」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)