METAL WOLF CHAOS

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
メタルウルフカオスから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

METAL WOLF CHAOS(メタルウルフカオス)とは、変態フロムが発売したアメリカ合衆国大統領が米軍に対し無双しまくるゲームである。現在は販売停止している。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「METAL WOLF CHAOS」の項目を執筆しています。

ストーリー[編集]

大統領マイケル・ウィルソンは副大統領リーチャード・ホークのクーデターに遭い、大統領の座を追われてしまう。通常ならば亡命するところを、なんとマイケルは己の腕っ節だけでアメリカを取り返すと決心する。こうして、大統領によるアメリカ合衆国奪還作戦が始まったのである。

登場人物[編集]

マイケル・ウィルソン・Jr
第47代目アメリカ合衆国大統領。元陸軍少佐であり、メダル・オブ・オナーを受賞している。
熱血魂よりも熱く輝く大統領魂を掲げ、米軍をバッタバッタとなぎ倒し、難攻不落の巨大ヘリコプターや西アメリカを更地に変えれる巨大砲台のような目障りな建造物を次々に破壊していく。それどころかある時はリバティー島にかかる橋を塞ぐほどの大きさの巨大戦車を持ち上げ投げ飛ばし、またある時にはスペースシャトルに掴まり宇宙に行き、一人で大気圏再突入して帰ってくるという常識知らずどころの騒ぎではない業を成し遂げている。
また、武器調達のために父親の銅像を二度に渡り粉砕する等、利己的な一面もある。
因みにお父さんはニンジャブレイドで登場。Jr程のインパクトはなかったものの、NINJAを軽くボコボコにしたり、NINJAからジュージュツを教わっていたり、凄腕のNINJA相手に喧嘩を売ったり、味方で部下でもあるNINJA1人に対し戦闘ヘリや装甲車を用意する、衛星兵器を使用するなど、こちらも中々に破天荒である。
リチャード・ホーク
副大統領でクーデターの首謀者。同じく元陸軍であったが、マイケル程のインパクトがなかったためメダル・オブ・オナーを受賞する事ができなかった。
人身売買ガス兵器の使用、爆弾での脅し等兎に角やる事成すこと悪人なのだが、流石に悪人を踏み越え破壊神か何かの領域に入ったマイケルには勝てなかった。それでも、二度戦いを挑む勇気を持ち合わせている。
ラストアメリカンヒーローと自称しているが、このゲームの場合正しくはラスト常識人であった。
ジョディ・クロスフォード
大統領補佐官。ある意味登場人物の中で一番危ない人。
作戦名をそのまんまにしたり、ぶっ壊れると綺麗だろうと思ってましたと発言する等、なんで補佐官ができているのか不思議な言動が多い。
資本主義のアメリカでは有能ならば内面は問われないという事なのだろうか。それはそれで危険な気もする。
ピーター・マクドナルド
マスゴミ某宗教団体とは何の関連もない。ヘリコプターに乗りひたすらマイケルアンチの報道をしまくる。
撃ち落とそうにもヘリコプターは何故か戦艦要塞以上の耐久性であり、登場するステージも制限時間があったり兎に角撃破しにくい。更に、撃破しても脱出し再び実況を開始するため目障りな事この上ない。
マイケルが全米の殆どを破壊し尽くし支持され始めると掌を返すというマスゴミ根性の権化のような存在。
ナイスミドル
時折通信を入れてくるレジスタンスのおじさん。部下含めヘリでミサイルに突撃しても脱出できるスキルを持っている。

ゲームシステム[編集]

会話→武器選択→ミッションのサイクルでストーリーを進めていく。

本項では会話以外のパートを説明する。

武器選択
アーマードコアシリーズでは自由にパーツを替える事ができたが、本作では機体が固定されているのでパーツ替えはできない。
その分武器のバリエーションに富んでおり、よく見るミサイルランチャーやハンドガンに何故か軽火器扱いの火炎放射器を始めとして、レールガンのように最先端技術を使用したものやボウガンといった原始的なもの、更には宇宙人をイメージさせるリング状の弾の銃器。果ては大爆発を起こすラグビーボールに火炎放射器扱いのバブルこうせんにパーティークラッカーという頭がどうかしている武器まで多々存在している。
これらを活用してミッションを攻略していくのだが、一部の武器は倒された米兵が哀れでならない。
ミッション
基本的にターゲットと呼ばれる施設を全て破壊すればクリアとなる。
中には特定の施設や兵器の破壊が必要となるものもあり、爆弾を爆破して解体する、ガス兵器をぶっ壊して止めるといったものがある。むしろ更に悲惨な事になる気がするのだが、そこはアメリカだから大丈夫。
ミッション中には捕虜が捕まっており、それらを開放すると武器が増えたり色々有利な事がある。
何故か研究員とミュージシャンがいた時だけジョディが報告したり、十数分後に爆発する宇宙ステーションから脱出したりと何かと謎が多い。

販売停止[編集]

フロムの自由の現れのような本作であるが、現在は販売停止している。理由は諸説あり、「9.11を彷彿とさせる内容があるから」「米兵を撃つとトマトジュースが出るから」というものが主である。

とはいえこのまま都市伝説と化すには勿体無いと数少ない所持者からは評価されており、何らかの方法での再販が望まれている。

復活[編集]

大統領魂を信奉する信者による祈祷が通じなんと14年の時を超えて復活宣言

大統領魂は滅んでいなかった

関連項目[編集]


Ronjeremy mario.jpg このゲーム「METAL WOLF CHAOS」には、致命的なバグ・不具合が含まれています。このままでは発売できませんし、仮に発売しても非難の嵐となるでしょう。発売を延期してでもデバッグに参加して下さる開発者を求めています。 (Portal:スタブ)