メタセコイア

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
メタセコイア
メタセコイア.jpg
メタセコイア
分類
: 無機物界
: 石造無機物門
: 石造植物綱
: ヒノキ目(特殊)
: スギ科(特殊)
: メタセコイア属

メタセコイアは、人間を捕らえて食べてしまうと言われる生きた化石の一つ。化石化していない生前のメタセコイアはヒノキ目スギ科に所属していたとされ、生物学的には少々特殊な位置付けにある。

概要[編集]

形状は針葉樹に近く、細長い葉に長い幹を持つ(ではあるが)。ハエトリソウウツボカヅラなどが昆虫を誘引するを分泌するのと同様に、人間を誘引する蜜を分泌する。この魅惑的な臭いにまんまとは誘われてしまった哀れな犠牲者は、メタセコイアのツルで捕らえられぐるぐる巻きにされてしまい、身動きが取れなくなったところをメタセコイアに血を吸われて死んでしまう。古生代に生きていた時代には人間はいなかったため、人間を誘引するのは現代に適応して進化したためであるという学説が近年有力となっており、この先、化石種と現生種が区別される可能性も出てきている。

栽培[編集]

生きた人間を餌とするメタセコイアであるが、「生きた化石」というインパクトのある題目からか、これを観葉植物として育てようという無謀な人間が非常に多い。英国の種苗会社辺りからインターネット経由で簡単に種子が入手でき、しかも植物ではなく化石であることから植物検疫が免除されることも、それに拍車をかけている。発芽率は非常に低いが、日本の気候にはよく合う上に生育が早いため、一般人にも育てやすい植物である。そのためメタセコイアを育てる人々は年々増えており、犠牲者の数も鰻上りに増えている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「メタセコイア」の項目を執筆しています。