マツダ・アクセラ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「マツダ・アクセラ」の項目を執筆しています。

マツダ・アクセラとは、かつてのマツダ大黒柱ファミリアのせがれである。本項では初代〜3代目の輸出仕様、及び4世代目にあたるマツダ・MAZDA3についても述べる。

概要[編集]

世界一ハンドリングの良いファミリーセダン・アテンザの成功を受けて作られたのが、アクセラである。アクセラをベースに作られたが「マツダスピードアクセラ」である。マツダスピードアクセラは当然の如く男・女関係なく乗ることができる。海外仕様は「MAZDA3」と名乗り某ジャーマンの模倣をしていたが、4世代目では日本仕様までこの名前にされ、アクセラの名は消滅してしまった。

歴史[編集]

初代(2003年-2009年)[編集]

  • 2003年、テストドライバーが失禁して喜ぶほどハンドリングの良いファミリーカー・アテンザの成功を受けてファミリアの末裔を生み出した。それがアクセラである。エンジンは全車直列4気筒DOHC4バルブで、排気量は1.5リッター[1]、2.0リッター、2.3リッターの3種類で、2.3リッターはNAと直噴ターボの2種類が用意されている。マツダが作り出しただけに、ハンドリングはCセグメントでは最高であるが、ヨーロッパ狂なマツダが生み出しただけにボディは太く、全幅が1745mmあるため1.5リッターエンジン搭載車でも3ナンバー登録である。日本仕様のカローラから見ればピザ車であるが、ドアミラーを含めた全幅は5ナンバー車と同等に押さえられている。しかし、ドアミラーを畳めばやっぱり狭いところでは5ナンバー車より取り回しが悪い。
  • 2006年、スポーツハッチバック・マツダスピードアクセラ誕生。詳しくは後ほど。それと同時に、国内向けアクセラの2.3リッターエンジン搭載車からマニュアル車が消えて筆者は涙目になったが、その年の8月31日にアクセラは生産台数100万台を突破。

2代目(2009年-2013年)[編集]

  • 2008年10月9日ニューヨークショーで、新型アクセラの出産予定が発表され、輸出仕様の3が出展された。フロントデザインは「笑ったピエロにしか見えない」「笑い顔のクルマじゃ葬式に行けない」「いやいやこれはこれでカッコいい」など賛否を呼んだ。
  • 2009年6月11日二代目アクセラデビュー。エンジンは従来の1.5リッターと2.0リッター、マツダスピードアクセラも同様に従来の2.3リッター直噴ターボエンジンが用意される。軽くメタボってしまったし、オートマしかない。マニュアル車に乗りたければマツダスピードアクセラか、教習所で教習車に乗るしかない。因みにアクセラのエンジンは、1.5リッターと2.0リッターの2本立てである。2.0リッターエンジン搭載車は誰にも頼まれてもいないのに停車したら勝手にエンジンが止まるが、仕様です。
  • 2011年9月 マイナーチェンジ。新開発の2.0リッターエンジンと6速ATを組み合わせた「スカイアクティブテクノロジー」を搭載。一方、1.5リッターは放置。

3代目 (2013年-2019年)[編集]

MAZDA3(初代、通算4代目) (2019年-)[編集]

  • 2018年11月28日に初公開、2019年5月21日に販売を開始した。この代から海外における名称であったMAZDA3を世界共通で使うことにしたため、「アクセラ」の名はわずか16年で消滅してしまった。
  • ラインナップはハッチバックとセダンの構成と従来通り。前者はこれまでの「スポーツ」に代わりフィストファックファストバックと称するようになった。やたら太いCピラーが目を引くが、後ろは見えなくなるわ見た目はピザるわでいまいち不評な模様。おまけにテールランプは丸目4灯で某社のセダンそっくりである。

マツダスピードアクセラ[編集]

マツダスピードアクセラ(まつだすぴーどあくせら MAZDASPEED AXELA)とは、FFに大出力のターボエンジンを組み合わせた変態と言う名の紳士の車である。 マツダスピードアテンザから流用されたエンジンとミッションを搭載しており、264ps/38.8kgmの2.3リッター直4DOHC直噴ターボ+6速マニュアル+FF(前輪駆動)のみという硬派な車である。横置きFF故にトルクステアが激しく、しかもクラッチが激重&1速2速のトルクが封印されたせいで激細で繋ぐ事が難しい為限定無しの普通自動車運転免許(いわゆるマニュアル免許)を持ってるだけでは扱えない代物である。そこら辺に転がってるようなハッチバックに見えて、実はじゃじゃ馬という、まさしく変態紳士好みである。初代はボンネットのポストが無い上にスピードメーターも200km/hまでだったが、2代目は溢れ出る欲望を抑えきれなくなってスバル・インプレッサレガシィよろしくボンネットにポストが付いた上にスピードメーターも280km/hスケールになる。ECUを書き換えて1速と2速の封印を解けばどうなるかはお察し下さい

脚注[編集]

  1. ^ 排気量に対してボディが重くてあまり走らないように思えるが、これが1番ヨーロッパ車チックで結構走る。

関連項目[編集]