マイコン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

語意[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「マイコン」の項目を執筆しています。
  1. マインスイーパ用のコンピュータ」の略。強力な計算力を駆使し、問題の解決を試みる。
  2. マインドコントロールの略。
  3. 電脳化された舞妓。
  4. 19世紀イギリスを代表するエクストリーム美食家、マイクロフト・カイト・コンスコンの愛称。
  5. パソコンの旧名。次の項で解説する。
  6. 石原良純

パソコンの名称における変遷[編集]

マイコンとは、パソコンの古い呼び名である。

その昔、コンピュータが8ビットや16ビットで、メモリが1MB以下で作動していた頃のことである。
現在のパソコンより低機能なため、当然サイズも小さく、手のひらに乗る程度であった。
当時はパソコンという名称が無かったので、小さなコンピュータ=マイクロコンピュータ、略してマイコンと呼んでいた。

そして、マイコンマニア・マイコニストと呼ばれし者達は、それだけでなく
「自分のコンピュータ」、「マイコンピュータ」を略しての意味も込めて使っていた。

しかし、次第にユーザーの要望が肥大化し、技術の進歩を加味しても、本体のサイズを維持したままの性能向上は次第に難しくなってしまった。
マイコンのサイズは年々巨大化し、やがては机の上を占拠するほどのサイズとなった。
ユーザーは満足したが、今度は名称の「マイクロ」と現実の姿の不一致が問題となった。

また、マイコンの性能が余りに限定されている事からナイコンと呼んでいた側は、このマイコンユーザーを徹底的に貶した。
この差別を解消するため、西和彦が「パソコン」という呼び名を提唱。

当時圧倒的多数を占めたナイコン派にも
「“パソ”の語源は 『頭が“パー”』 と 『粗末の“そ”』 だろう」という解釈を持ち出したり
「“パソ”という語感がバカっぽくて実態を表している」と支持され、現在ではこちらが標準となった。

関連書籍[編集]

  • 「スーパー巨人」全5巻(滝沢解、森村たつお、秋田書店)
Wiki-globe.png この項目「マイコン」には、執筆者が大真面目に書いた可能性もありますが、今はまだ周知の事実しかありません。嘘を追加するか、ウィキペディアに転載して下さるボランティアを求めています。 (Portal:スタブ)