ホワイト企業マーク認定制度

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ホワイト企業マーク認定制度(ホワイトきぎょうマークにんていせいど)とは、高齢独身男性企業から排除するための制度である。

概要[編集]

20世紀の日本では40歳以上の男性会社員の殆どが結婚して家庭を持っており、その層が企業の安定的な成長、ひいては日本経済のけん引役となっていた。しかし近年の未婚率の上昇により40歳を過ぎても結婚しない男性が急増。このような高齢独身男性は家庭を持っていないため会社都合で転勤などの配置転換をさせやすいというメリットこそあるものの、高齢独身男性にありがちなネガティブ志向の強さや、ある日突然出社しなくなる確率が既婚男性社員よりも高い。また身なりや健康面について指導してくれるの存在がないために健康、外見、衛生面などでも問題を抱えやすく、企業に高齢独身男性が存在することのデメリットがメリットを上回るようになっていた。

このような高齢独身男性従業員に対して制度を活用して肩たたきを出来るように厚生労働省経済産業省が考案したのが「ホワイト企業マーク認定制度」である。表向きは従業員の福利厚生や職場環境の改善などについて一定の基準を満たした企業をホワイト企業として認定する制度と銘打たれているが、その内容は高齢独身男性を企業から排除することを奨励するものとなっている。

各制度の説明[編集]

安全衛生優良企業公表制度(ホワイトマーク)[編集]

より多くの企業に安全衛生の積極的な取組を促進するための制度と銘打ち、厚生労働省が実施している。概要にも記載の通り高齢独身男性は衛生面でやや問題があることが多く、そのネガティブ志向により従業員の精神衛生に問題を起こすこともおおいため、普段からより身体面・精神面両方の衛生に気を使っている若手男性、既婚男性、女性を優先的に採用することが奨励されている。

健康経営優良法人認定制度[編集]

特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を健康経営優良法人として顕彰する制度と銘打ち、経済産業省が実施している。高齢独身男性は健康増進にあまり興味がない人も多く、認定要件である「食生活の改善に向けた取り組み」「運動機会の増進に向けた取り組み「受動喫煙対策に関する取り組み」などの実践を忌避する傾向にあるため、高齢独身男性の割合が高い企業はこの認定を受けることが難しくなる。従って、高齢独身男性を排除して若手男性、既婚男性、女性を優先的に採用することが奨励されることになる。

くるみん(子育て支援)[編集]

育児休業取得率や子どもの看護休暇取得率など、従業員が行う育児をサポートするための目標を企業の行動計画に定め、その目標を達成し一定の基準を満たした企業を「子育てサポート企業」として認定する制度であり、厚生労働省が実施している。 上位認定に「プラチナくるみん」があり、この認定を得られると公共事業への入札で優遇されることから多くの企業が目の色を変えて認定取得に奔走している。

くるみん認定は育児休暇取得率などの「割合」が考慮されることが多いが、先述の通り子どもを持たない高齢独身男性は育児休暇や看護休暇を取ることが出来ないため、高齢独身男性の在籍率が高ければ高いほど認定を得づらくなる。若手男性であれば将来的に結婚し子どもが出来ればくるみん認定で役に立つが、高齢独身男性はその可能性すらないため、くるみん取得を狙う企業に対して高齢独身男性を排除することを奨励している。一方で既婚の従業員に対してはくるみん認定に必要な育児休暇などを取得できる機会を増やすために「産めよ、増やせよ」と子作りを奨励する動きが企業で広がっている[要出典]

えるぼし(女性活躍推進)[編集]

女性活躍推進法に基づき行動計画を策定し、女性の活躍推進に関する取組の実施状況等が優良な企業を「女性活躍推進企業」として認定する制度であり、厚生労働省が実施している。この女性の活躍推進は「女性の管理職登用率」など、女性をどれくらい昇進させたかが問われることが多いが、くるみん同様に人数ではなく割合で見られるため、高齢独身男性の存在は認定取得の邪魔にしかならない。従って、えるぼし取得を狙う場合は管理職の地位に居る高齢独身男性を降格させるなどの排除人事が奨励される。

ユースエール(若者の採用・育成促進)[編集]

若手を積極的に採用・育成する企業を認定する制度であり、若者雇用促進法に基づき厚生労働省が実施している。これも若手層の従業員割合が大きければ大きいほど認定されやすい制度であり、高齢独身男性の存在は認定の邪魔にしかならない。従って、ユースエール認定を取得する場合も他の制度同様に高齢独身男性を排除し、若手層に入れ替える人事が奨励されている。

排除された高齢独身男性のその後[編集]

特に考慮されていない。菅義偉99代内閣総理大臣も提唱している「自助」の精神で、周りに迷惑を掛けない範囲で一人で生きろということである。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ホワイト企業マーク認定制度」の項目を執筆しています。