ペラペラペラ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「ペラペラペラ」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。
「なんだって? 君の唇が動くのは見えるが、僕には『ペラペラペラ』としか聞こえないな。」
あなたの発言 について、オスカー・ワイルド

ペラペラペラ(Pela-pela-pela)とは、中身のない会話をごまかす決まり文句、あるいはそれを揶揄する言葉である。ちなみに一部において「外国語に堪能であること、または流暢な会話」を指すと思いこんでいる者もいるらしいが、それを言うなら「ペラペラ」であり、ここで扱うペラペラペラとはまったくの別物であることを明記しておく。

概要[編集]

黒歴史

このセクションに書かれていることは黒歴史です!
できることなら見ないでおいてあげて!!

「なんやしらんがの思いこみ、なんやしらんがたてまつる。日本人はこればっかり!」
ペラペラペラ について、小林よしのり

島国である日本に住んでいる日本人は、古来より「舶来ブランド志向」すなわち「外人コンプレックス」が非常に強く、江戸時代においては大名クラスのセレブ階級ですら長崎伝来の婦人下着カタログ(すべてオランダ語で書かれているのは言うまでもない)などを仰々しく家宝として奉っているようなレベルであったと言われているが、その傾向は明治時代以降も色濃く日本人の潜在意識に刷り込まれたままとなっており、相変わらず訳のわからないというか自分たちにとって意味がわからない、理解できない、そう言った未知の言語に対する過剰なまでの憧憬がそのまま「未知なる言語に対するコンプレックス」という形で残っており、それを手っ取り早く解消できるであろう、解消できるかも知れない魔法の言葉、それがペラペラペラであり、どんな状況、いかなる意味においても通じるということは、すなわちその言葉には「中身がない」という事実とイコールなのである。

「あーあ、英語がペラペラになれたらいいのになぁ。」
ペラペラペラ について、バカ

……などと、そんな事を言っている時点で自分の発した言葉がいかに軽佻浮薄にして中身がなく、言葉によって形成されている自分自身の人格そのものさえ無意味なたわごととして受け取られかねない、という危機感を抱くべきである。

が、それでも理解できない愚か者には以下の言語を習得することを推奨する。使いこなせれば人気者になれること請け合いである。

「でも、結局しゃべるのはどうせ『ペラペラペラ』だけなんでしょ?」
ペラペラペラ について、あなたの友達

結論[編集]

うわべだけの技巧とレトリックを駆使して飾り立てた言葉より、たとえ拙くとも誠意を込めた真剣な言葉にこそ、人は心打たれるものなのである。

関連項目[編集]

この項目「ペラペラペラ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)