ペットボトル

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ペットボトル」の項目を執筆しています。

ペットボトルとは、合成樹脂(プラスチック)の一種である。便利だといわれているがさまざまな社会問題を引き起こす悪魔の小道具である。中には悪魔が住んでるペットボトルもある。

概要[編集]

中のDHMOに注意。

ペットボトルとは樹脂に亜鉛ナトリウムと窒素を混合させ、ペットボトル形状で冷却する事により、構成される中毒性の高い合成樹脂(プラスチック注プラス思考というわけではない)の一種である。自動販売機などで一般性が高く丈夫な割には軽いと汎用性の高い大変便利な物である。だが燃焼すると不燃ガスが発生するやポイ捨てが原因で内閣では悪魔の小道具といわれいるが今更生産をストップをできるわけでもないため社会問題にも発展される。

特徴[編集]

軽くて丈夫。 軽度の凹みであれば自ら元に戻る性質を持つ。大きく凹ませると元には戻らない。まるで人間の精神と同じである。

[編集]

基本的には無色透明。ペットボトル自体に赤や緑などの半透明色を持ったものもあるが、日本国内で生産されるボトルは半透明色は毒性が高くなることを考慮し全て無色透明化された。

形状[編集]

角型
直方体型のもの。
丸型
円柱型のもの。
特殊型
上の2種に分類されないもの。
  • コカ・コーラから発売されたファンタは串団子状になっている。また、同社から発売された爽健美茶はダイヤモンドカット形になっている。さらにスリムボディと呼ばれ、収納にも持ち運びにも便利な薄型のペットボトルも存在する。しかも450mlのものを500mlのものと同じ価格で販売しているため、実質値上げを達成している。
  • サントリーから発売された伊右衛門の店頭用500mlタイプは、くびれた竹筒の形をしている。
  • キリンビバレッジから販売されている生茶は「ペコロジーボトル」を採用(2Lボトルのみ)しており、通常より潰しやすいものとなっている。

ペットボトルの形状によって、商品イメージや販売数に影響が出るようにもなってきており、特に飲料メーカーは各社しのぎを削っている。

問題点[編集]

概要でも述べてあるが便利と思わせる反面、さまざま社会問題を引き起こす。

社会的問題[編集]

現在ポイ捨てが非常に増加。ポイ捨ては1990年代では年間9万5千個であったが2000年代では年間30万個にものぼり、これはスーパーのおにぎりの生産台数の5分の1でもあるため恐ろしい。他にも太陽に当てつづけると中の空気が膨張し、破裂。ふたが付近の人に飛ぶため大変危ないのである。また、似たようなものにペットボトルの中に水とドライアイスを入れて放置する、というものがあるが大抵は自分が被害を受ける。

毒性[編集]

概要でも少し述べたがプラスチックは樹脂に亜鉛ナトリウムと窒素を混合しているため毒テング茸は一個で象25体死ぬのに対し、プラスチックは象53体も死亡するためどれだけ毒性が高いが分かるのである。これは保存容器とされているのだが高温においておくと毒性の高いプラスチックが溶け出し、中の物体に混ぜ入り、これは大変毒性が高く、年間200万人もの死亡者が出る。これは歯周病の患者よりはるかに高い。他にも燃やすと不燃性ガスが大量発生し、これは100c㎥も吸えばすぐに呼吸不全、失神に至るため分別には大変気をつけなければならない。

症候群[編集]

毒性でも述べたがプラスチックが溶け出し(これを溶合成樹脂)、中の物体に混ぜ入る。この溶合成樹脂は麻薬のように使用すると一時はハイな気分になるがこれは脳の感覚が鈍くなっているだけであり、自動販売機を見れば買う衝動にかられるがこれも溶合成樹脂が原因であり、またこれをペットボトル症候群と呼ぶ。使用を続ければアルツハイマー病にもなりかねない。アルツハイマー病の79%はペットボトル症候群からによるものである。プラスという言葉はあるが、マイナスの要素しかないのである。

関連項目[編集]

  • - ペットボトルと同じく自動販売機などで発売されている。ペットボトルより安いが持ち運びに不便で一度あけたら全部飲まなければならないのが難点。
  • ビン-缶と同じで一度あけたら飲み干さないといけない(ラムネなどの例外あり)。最近は鈍器として使われていることが多い。
  • しずくちゃん - ペットボトルにすんでいる悪魔。地球を滅ぼす機会をうかがっている。