ベートーヴェン記念日

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「ベートーヴェン記念日」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。
偉人をダシに、アプローチ

ベートーヴェン記念日(Memorialday the Beethoven)とは、ルーシーの伝統である。

概要[編集]

ベートーヴェンの誕生日である12月16日には、男の子(※ただしシュローダーに限る)が女の子(※ただしルーシーに限る)へ高価なプレゼントを贈る風習が1996年12月16日から施行されるようになった。女の子(※ただしルー以下略)はベートーヴェンの誕生日を祝い、男の子(※ただしシュ)は自分が敬愛するベートーヴェンの誕生日を共に祝ってくれたお礼として高価なプレゼントを贈るのが礼儀でありマナーでありであり、何よりルーシーの伝統なのである。だからシュローダーは、何としてでもルーシーに高価なプレゼントをしなくてはならないのである。

結果[編集]

この「ラ♯」が美味しいのだ。

そんなことを言われても、(ルーシーのために使うつもりの)お金も(ルーシーのために注ぐつもりの)愛情もなかったシュローダーは、しぶしぶ彼女のためにベートーヴェンの『ピアノソナタ ハ長調 (やさしいソナタ)WoO.51』を演奏してやったにもかかわらず、ルーシーの反応はいまいちだった。どうせ彼女に、芸術などわかる筈もなかったのである。ちなみに、おもちゃのピアノからこぼれ落ちた名曲の黒いマシュマロたちスヌーピーが拾い集めて焚き火でマシュマロ焼きにし、美味しくいただいたのであった。

「君たちは何もわかっていない! ベートーヴェンの偉大さは、決して金銭的価値なんかに置き換えられはしないんだ!」
ベートーヴェン記念日 について、シュローダー

参考文献[編集]

関連項目[編集]