バストアップ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
IeX.jpg
危険
この項目は未成年者の閲覧に相応しくないので、未成年者は親に見つからないようにしてください。
見つかった場合の責任は一切負いません。
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「バストアップ」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「バストアップ」の記事を執筆しています。

バストアップとは、グラビアアイドル等の面接で求められる写真である。

概要[編集]

分かりやすく言うと、コレ。

普通の履歴書においては、定型の証明写真[1]を指定箇所に貼付するのが常識である。が、グラビアアイドルや女優密接型接客業等ルックスを重視する職種ではその他に全身写真とバストアップ写真を一枚ずつ別に付与するのが通例となっている。

バストアップはその名の通り、おっぱい部分の近接写真である。顔が入っても良いが、一番大きく写すべきはおっぱいである。ブラジャーも込みで上を全て脱ぎ、フレーム内に両胸が入るように写すのが普通。ブラOKの場合も無いわけではないが少数となっている。おっぱいの大きさは衣装/制服に大きく影響する為、書類段階で大きさを把握する目的でも用いられるがやはりそれだけでなく全体の美観を確かめるのが一番の目的となっている。ブラを外して接写するため誤魔化しが効かず、そのおっぱいが持つポテンシャルだけで判断が可能になるのである。

バストアップの審査基準[編集]

サイズ
職種によって推奨サイズは異なり、大きければ良いわけではない。アクション性が求められる職種では中程度のサイズが好ましいし、逆にグラビアなど止め絵メインの場合は大きい方が華やかで好まれる。
ただし、小さければ小さいで需要はある[2]
バランス
サイズもそうだが全体とのバランスも大切。だからこそ全身写真も同封するのである。
ただしバランスが整いすぎている場合、フォトショップなどでの修正を疑われることがある。
色合い
乳輪や乳首などの色合いは無論ピンクに近い方が好まれる。ただし場合によってはナチュラルな色合いが求められる事も。
周囲の色と不自然に異なる場合、やはり修正が疑われ評価が下がる事がある。
肌のキメ
接写する大きな理由の一つ。最近の高精彩カメラならば、キメ細やかな肌を美しく写せるので勿論評価される。
また産毛もしっかりと処理することが求められる。乳毛は問題外。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

脚注[編集]

  1. ^ スピード写真で撮影するもの。プリクラではダメ。
  2. ^ ※個人の感想です。

関連項目[編集]