ニコン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ニコン」の項目を執筆しています。

株式会社ニコン(Nikon Corporation)とは、三菱グループに属する、キャメラを作る会社。間違ってもカメラと勘違いしてはいけない。

かつてアメリカではNikonを「ナイコン」と発音していたが、今は「ニコン」という発音の仕方が、世界の常識になりつつあるためおぼえておいた方が良い。日本光学という社名を縮めた呼称らしいが、どう縮めたらニコウではなくニコンになるのか分からない。 「ニコン」は、「日本こんにゃく協会」の略称でもある。最近「日本子ニャンコ協会」に改名した、ニャンコに征服された新たな犠牲者である。

事業[編集]

カメラ製造を主力としているようにカモフラージュしているが、実は軍需産業向けに、世界の最先端の製造装置(これらを総称してキャメラという)が売り上げの大半を占めている。 例えば、表産業のカメラのレンズを利用したレーザーカッターやデス・スターに搭載されている超兵器はおそらくこのニコンが作り出したに違いない。 つまり、ニコンは連合国の軍需製品供給会社である。

キャメラの基本構造[編集]

キャメラの主な材料が羊羹であることはあまりにも有名なのでここでは割愛する。このほか製品の特性に合わせてせんべい、ワイン、こしひかりなどを使っている。このような大変扱いの難しい超合金の使用によってニコンのキャメラは世界屈指の軍需製品を生み出している。

主要な製品[編集]

D5000
妖精さんを搭載したキャメラ。中に入っている妖精さんの機嫌次第で調子が変化する。ニコンの手厚いサポートにより妖精さんのご機嫌取りが行われるのでもし万が一妖精さんがハンストを行っても、しっかり対応してくれるため安心である。
D600
2012年にデビューしたフルサイズセンサー搭載の空気清浄機能付きデジタルキャメラ。センサー部分にゴミ吸着および油分吸収機構が搭載されており、周辺のゴミやチリ、揚げ物油を吸収してくれる優れもの。変わらない吸引力とニコンの手厚いサポートにより保証期間が過ぎても清掃・点検・部品交換、場合によっては別機種交換(D610)を無償でしてくれる傑作機である。なお、大気汚染と油の利用が著しい中国大陸において驚異的な性能を見せたことで世界レベルで評判となった。
D750
天空のフレアがキャッチコピーのキャメラ。太陽光を取り入れるAF機構により匠の技で反射・増幅・調整がされることで、天空からフレアが舞い降りるエフェクトが搭載されているのが特徴。ほかのキャメラでは真似のできない光エフェクトは絶賛されており、この機種も手厚いサポートが受けられると好評である。
D810
スターライトエフェクト搭載キャメラ。長時間露光や1.2倍の拡大撮影を行うと自動判断して画面に明るい光を増やしてくれる。旧機種にはない斬新な機能であり、こちらもいつものようにニコンの手厚いサポートが受けられる。
1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6
長時間の激しいDJプレイにも対応する交換レンズ。ズーム機構に特徴があり、長時間利用したり、小まめにスクラッチとズームを繰り返しても高い信頼性を保つ。万が一問題が起きてもニコンの優秀なサポートにより無償で修理を受けることができる。

近年の動き[編集]

ニコンがライバル会社キャノンのキャノン砲に対抗して開発していたニコン砲が完成間近であるという情報がまことしやかに囁かれている。某国の諜報員によるとニコン砲は砲弾が長方形である、飛距離が三十センチ程度、お土産に最適などキャノン砲に対抗した特長を持っているらしい。

ニコン砲完成に警戒し、各国は急ぎニコン砲を迎えるに相応しいお茶の用意をしている。

関連項目[編集]

  • キヤノン - 合言葉は、「キヤノンのヤの字は大文字です」