セックスフレンド

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
曖昧さ回避 この項目では、親友と言えるセックスフレンドについて記述しているばい! CODEPINKより発売された18禁学園性活シミュレーションゲームにつ・い・て・は「SEXFRIEND〜セックスフレンド〜」をCHECK IT OUT!! はい!!!
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「セックスフレンド」の項目を執筆しています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「セックスフレンド」の記事を執筆しています。

セックスフレンドとは、一緒にセックスを行えるほど仲のいい友人関係である。

概要[編集]

こういう風に始まることもある。

友達という単語の意味は非常にあやふやである。そこで、「どこまでの関係か」という事を示す語句を頭に付けることが多い。例えば一緒に旅行に行く「旅友[1]」や、一緒に墓を買い同じ墓に入る「墓友[2]」がそれにあたる。そういった接続の中で、「一緒にセックスをする」或いは「セックスを見られても平気」という間柄の友達関係を「セックスフレンド」と呼称する。

単にセックスが目当てで交友関係を結ぶことは少なく、ざっかけない関係がそのまま性的なニュアンスに繋がっている場合が殆どである。通常の友達より各上扱いされることはあるが言ってしまえば境目の曖昧な関係であり、世の中には忌避される事が多い。旧来の「彼氏/彼女以外と同衾してはいけない」という押しつけの価値観から脱却した世代に特に多く、バブル世代以降ではかなりの数がセックスフレンドを持っているといわれる[要出典]。その世代というのは、子作りではなく楽しむためにセックスを行う傾向が強く、「結婚や子供が関係ないなら一々関係を深くする必要がない」という感覚を持ちやすい世代ともいえる。

セックスはするがお互いの領域には踏み込まない、という一歩引いた「丁度いい距離感」である事もあり、今後もその比率は増えていくことだろう。尚、その関係は(殆どの友人関係がそうであるように)異性同性入り混じるのが普通である。

セックスフレンド向きの性格[編集]

物事に拘らない、おおらかさ
セックスフレンドはあくまで「フレンド」であり、「恋人」にはならないしなれない。そこに心痛めるようではセックスフレンドには向かない。また友達関係は恋愛関係とは違い明確な「始まり」「終わり」が存在しないので、向かないまま強引に続けるとお互いに傷つくばかりとなってしまう。
ただ、あまり大雑把すぎるとそれも問題である。例えば男性の場合、腸内洗浄もしないでアナルセックスしようとするようでは身体が大変なことになる。
自分にも他人にも多くを求めない謙虚さ
関係を深めることが目的ではなく、あくまで「友達のままだけどセックスする」という立ち位置なのであまり相手に多くを期待したり期待させすぎてはいけない。
場合によっては恋人へ昇格することもなくはないが、一般的な「友人」に結婚相手としての資質を求めることは少ないだろう。
性に奔放
どちらかが我慢して「させてあげている」という関係になると破綻し易くなる。あくまで双方がセックス下ネタ大好きで、共通の趣味としてセックスする間柄が好ましい。
バイでもゲイビアンでもノンケでも、相手とのセックスを楽しみ相手を楽しませてこそのセックスフレンドである。見ても見られても気にしないくらいに奔放でないと、なかなかそうはなれない。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

脚注[編集]

  1. ^ 旅先で仲良くなる、いわゆる「リゾラバ」はどちらかというとセックスフレンドの範疇になる。
  2. ^ 一応殆どの場合、霊園管理者側は「代々の家長とその配偶者以外は入墓出来ない」というスタンスだが、最近では宗教感の移り変わりなど世相を反映して同性カップルや仕事仲間同士の入墓も認める傾向にある。
    大体はゴネれば言うことを聞いてもらえるが、問題は死後に遺族が勝手によそへ埋葬してしまう場合。その場合は「金神七殺」よろしく遠慮なく祟ろう。

関連項目[編集]