スカイチーム

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「スカイチーム」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「スカイチーム」の項目を執筆しています。

スカイチームSkyTeam)とは、三大航空アライアンスの中で最もスリリングな航空連合である。

概要[編集]

2000年にデルタ航空エールフランスコリアン・エアー及びアエロメヒコ航空の四社によって結成された。この時点である意味東アジア三大航空会社(他に日本航空チャイナエアライン)の一角を占めることで知られるコリアン・エアーと後にコンコルド墜落事故、447便墜落事故を起こすエールフランスが入っており、既にスリル満点のアライアンスとなっていた。

その後拡張を重ね、2004年にはウィングスアライアンスノースワースト航空KLMオランダ航空(以前パンアメリカン航空とタッグを組んで大事故を起こしている)及びコンチネンタル航空)を吸収合併し規模を大幅に拡大したが、特筆すべきはやはり2006年のアエロフロート・ロシア航空の加盟だろう。ある意味世界最強の人間貨物旅客輸送空軍部隊航空会社として定評のあるアエロフロートの加盟によって、設立時からのメンバーであるコリアン・エアーとのコンボにより世界で最もエキサイティングな旅を提供出来るようになったのである。

その後も拡張を続けており、現在では三大アライアンスで初めて中国の航空会社・中国南方航空が加盟したとの事であるが、ワンワールドにはとっくの昔に香港キャセイパシフィック航空が加盟していたという事は突っ込んではいけない。2011年には中国東方航空も加盟し、中国において圧倒的なシェアを持つようになった。(2019年の正月に中国南方航空が「デルタがずっと中国東方航空とばっかりつるんでてずーるーいー!!」と、検閲により削除。)

そして、ついに2011年に、あのアジア最強と目されるチャイナエアラインの加盟が決定した。2014年には危険航空会社リストの常連であるガルーダ・インドネシア航空も正式加盟した。これで、スカイチームはどんなテーマパークにも負けないあのスリル満点のアトラクションを提供できるようになった。

特徴[編集]

他のアライアンスとは異なり、スリリングな航空会社が目立つ。特にアエロフロート・ロシア航空は旧共産圏ならではの顔が引きつるようなサービスとスリルが期待できる事で知られている。

また、特筆すべきは特定アジアで最大のシェアを誇るアライアンスと言う事実。つまり、航空会社ばかりか大量に乗ってくるお客もまた、日本人乗客にこれ以上ないスリルと苦痛を味あわせてくれるだろう。

よく知られたスカイチーム伝説[編集]

  • 領空侵犯は当然、機体を銃で撃たれることもある。
  • 世界最大の航空事故を頻発
    • 実際、アエロフロート・ロシア航空は死者数世界ワースト1位、2位もエールフランス航空である。
  • 荷物紛失も日常茶飯事。
  • 「乗客?なにそれ?おいしいの?」
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

現在の加盟航空会社[編集]

かつて会員だった会社[編集]

  • コンチネンタル航空 - 「うちはそんなにスリルのある会社じゃないからスターアライアンスに行く」と2009年10月25日脱退。その後ユナイテッド航空と対等合併した。
  • コパ航空 - 「コンチネンタルに何処までもついていく」とやはり2009年10月25日脱退。そして案の定スターアライアンス加盟。さらにコンチネンタルが合併してユナイテッドになったあとも何処までもついていってる。
  • ノースワースト航空 - かつては有数のマイナートラブルメーカーだった。デルタ航空と吸収合併し、システムの一本化などを理由にデルタ航空に吸収されたので2010年1月31日に消滅。
  • 中国南方航空 - 中国最大の航空会社だったが、デルタさんからの扱いが中国東方航空に比べてあまりにもクソだったことに耐えられず、アメリカンさんやフィンエアーさんとグルになって脱退してしまった。

加盟予定だった航空会社[編集]

  • 日本航空 - 倒産し、ワンワールドから愛想を尽かされ加入するはずだったが、土壇場で元の鞘に収まってしまった。

加盟が期待される航空会社[編集]

  • スカイマーク - 全日本空輸が加盟しているスターアライアンスや日本航空が加盟したワンワールドとは異なり、スカイチームには日系航空会社が加盟していない。このため、日本人にとっては海外旅行で十分にマイルを得て、国内線の航空券を入手する事が出来ないという決定的な欠点がある。このため、スカイ繋がりでスカイマークのスカイチーム加盟を望む国内のマイル修行僧も少なくない。機体を損傷した経験からスリリングさという点でもうってつけである。
  • スカイネットアジア航空 - 元々スカイ繋がりだったが、スカイマークほどあれではなく、しかも既に全日空の軍門に下っている上、ブランド名をソラシドエアという微妙な物に変更してしまったことから、加盟は期待されていない。

関連項目[編集]


俺はここにいるぜ。 スカイチーム書きかけなんだが、俺は行かなきゃならないんだ。なに、帰ってきたらこの記事の続きを書くさ。気長に待っていてくれ。 (Portal:スタブ)