サランラップ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「サランラップ」の項目を執筆しています。
サランラップの正しい使用方法

サランラップ(Saran Wrap)は、日本国で太古から愛用されている美顔用品である。整形するより格段に安く顔のバランスを変更できるので、一般庶民に大人気である。最近では食材をくるむといったユニークな使用法が流行しているが、製造を担当している旭化成ケミカルズは、「あくまで派生的な使用法で、食材をくるんだ際に起きたアクシデントについては一切の責任を負えない」と弁解している。

歴史[編集]

サランラップの歴史を語るには、平安時代まで遡る必要がある。当時、顔面崩壊にひどく悩まされていた清少納言(32)が、どうにかして肌にてかりを与えることはできないかと考え、ポリ塩化ビニリデンを顔に塗りたくったのがきっかけだと伝えられている。それからというもの、世の女性という女性がてかりを求めてサランラップを熱望するようになった。その要望に応えるべく、1960年に旭化成ケミカルズがサランラップを商品化。瞬く間にサランラップは社会現象となり、サランラップでの美容を日課とするメンズ「サラメン」の登場や、サランラップを購入するための借金「サラ金」が問題となった。 最近では、「サランラップの保湿性能を食材にもいかせないか」と一部のチャレンジャーが食材の保存にも活用、話題となっている。しかし、本来の目的から外れた使用法のため、サランラップをこよなく愛するサランラッパーからは「日本国民の恥」 「そんなことはクレラップでやれ」などと批判されている。

材料[編集]

旭化成ケミカルズは極秘事項としているがおそらく、ポリ塩化ビニリデンフィルム、スパイス、素敵なものをいっぱいだと考えられる。

ポリ塩化ビニリデン(PVOC)フィルム
サランラップの主成分。サランラップのあの美しい透明感はこれから生まれている。適度な弾力をもっている。
スパイス
ここでいうスパイスとは、羞恥心を掻き消す魔法の薬のことである。この薬を摂り過ぎると、気づいたら何もかも失ってしまうので注意。
素敵なものをいっぱい
脂肪酸誘導体、エポキシ化植物油などといった、化学者が素敵だと思うものがたくさん入っている。

CMキャラクター[編集]

サランラッパーの宿敵。

某ライバル商品が愛くるしいおかっぱ娘を起用しているのにも関わらず、サランラップ側は山口智充岡田准一など、なんとも言い難いかおぶれである。しかし、サランラップが日本を越えて愛されている今、CMなどという宣伝は必要ないというのが現状である。

主な使用場面[編集]

  • 急な舞踏会へのお誘いに、「こんな顔でダンスをしようものなら、みんなえずいてしまうわ」という人は今すぐサランラップ。まず、サランラップを箱から長めに引き出しちぎる。そして全体をひきあげるイメージで顔をくるみあげたら、そのままレッツダンス。これであなたもシンデレラ
  • 「最近顔面の砂漠化が顕著なのよね〜」というそこの奥様は迷わずサランラップ。上記と同様に顔をくるみあげ、2時間34分57秒間ジャズでも聞きながらのんびり待つ。そしてサランラップを剥がせば、完成。これであなたもしめりけマダム

著名なサランラッパー[編集]

歴史欄でも紹介したが、サランラップへの執着が並々ではない人々のことをサランラッパーと呼ぶ。ここでは、サランラッパーの中でも有名で顔が広い人物を紹介する。

叶姉妹
通常サランラップは顔をくるむためのものだが、この姉妹は乳房にも使用している疑いがある。サランラップの総売上高の14パーセントはこの姉妹によるものだと言われている。
柳原可奈子
あのハリといいツヤといい、サランラップを溺愛している他考えられない。
川越シェフ
世界で初めて、サランラップを食材に活用したチャレンジャー。数々の名言やコラ画像を生み出し、大絶賛を浴びている。
ギャル曽根
サランラップを料理と美容に併用している強者。長い間サランラップで顔を整えようとしているが、一向に効果があらわれず、ついには冥苦(メイク)という最初にして最終的な手段にでてしまった。
キンタロー。
もちろん家でもサランラップによる美容をおこなっているが、顔から判断すると、実はテレビにもサランラップを装着したまま出演しているのではないかと思われる。

危険性[編集]

サランラップは正しく使用すれば人類に大きく貢献するが、間違って使用すると死に至るケースもある。

  • サランラップの箱についている銀色のギザギザで手を切断。
  • サランラップがなかなかちぎれず、一本まるごと引き出してしまう。
  • 電子レンジで使用した際、パンパンパンパン音を出し、静寂を切り裂く。
  • サランラップで顔を長時間くるみすぎてしまい、窒息死する。
  • 箱のパッケージに注意しないと、クレラップやアルミホイルと取り違えてしまう。
  • 去年、サランラッパーの前でクレラップをベタ褒めし、行方不明になった人が9.6人いる。

関連項目[編集]