クレバス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「クレパス」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「バスドラム」の項目を執筆しています。

クレバス(英語 crevasse)とは、クレヨンのように簡単に扱え、バスドラムのように重厚な色を出す画材のことである。

歴史[編集]

バスドラムはサイズが大きく、演奏するのにある程度の体力を必要とする。管弦楽から流行曲のドラムセットの中まで多くの音楽に欠かせない存在であるが、けして扱いやすいものではない。

一方で、クレヨンは手軽に扱え、使い方次第では独特の表現が可能であるが、線画には向くものの面を塗ることには向かず、発色や総合的な表現力の面で難点があった。

この二つの特徴を兼ね備えた画材として1921年に発明されたものがクレバスである。両面共鳴楽器であるバスドラムは音程のぼやけた独特の重厚な音色を持つが、クレヨンの原材料であるパラフィンの成分をバスドラムの構造に近づけることで、硬いクレヨンにはできない豊富な表現力を持ち、それでいて扱いやすいという独特の画材が発明されたのである。

特徴[編集]

クレヨンと同様の扱いやすさから幼稚園から小学校低学年での教材として活用されているが、成人してもこの画材を愛用する者も多く、時には本格的なライブハウスやストリートでのライブで見ることもある。その発色は独特であり、もとになったクレヨンともバスドラムとも違った表現技法が開発されている。

さらに近年には、油性ではなく水溶性のクレバスも発明されており、水彩絵の具のように扱えることから、多くのバンドマンに注目されている。

現在ではクレバスは独立した一つの画材と言うべきであり、クレヨンからもバスドラムからも離れていると言っても良いだろう。

なお、近年、地球温暖化の影響で極地の氷に大量のクレバスが見られるようになった。長さ数キロ、深さ何百メートルにも及ぶクレバスも発見されているが、ここまでくるともはや扱いに困る画材になっている。

氷上のクレバスは、ペンギンを始めとする極地の生物が中に落ち、そのまま外に脱出できずクレバスの中で溜まってしまうなど生活にも悪影響を与えるため、動物保護の観点からも十分な警戒と対処が必要である。

関連項目[編集]