クラス替え

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情砂糖が必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。

クラス替え( - が - )とは成績・態度など様々な要素を考慮して勉強に集中しやすくするという名目で、教師が嫌う生徒などを排除するためクラスのスターティングメンバーを捨てたり、他のクラスから誰かを誘拐して再構成(ハンバーグ)したりするエクストリーム・スポーツである。

開催時期と競技の凄まじさ[編集]

1学期の始業式に試合結果が発表される場合が多く、教師にとってはクラスのメンバーの争奪戦であり、学校で行われる年間行事の中ではもっともエキサイティングなスポーツイベントである。競技としては、職員室等で生徒に対し秘密裏のうちに開催され、競技用具には全学年生徒のリストとペン、キャスター付きの椅子などが用いられる。

競技中の職員室は欲しい選手の奪い合いと戦力外選手のなすり付け合いで、学年主任に突き刺さるボールペン、飛び交うキャスター付きの椅子、ほとばしる鼻血、割れる教頭先生のメガネ、宙を舞う校長先生のカツラなど、殴る蹴るの大乱闘となることもしばしばである。

各界の反応[編集]

  • ええやん。めっちゃ素敵やん。
島田紳助(今は一般人)

競技結果にみられるケース[編集]

クラスの数は変わらずにメンバーだけ入れ替わる
明らかに嫌いな生徒を交換している。クラスが変わった者は嫌われている可能性が大きいが、逆に好かれている可能性も捨てきれない。1クラスあたりの人数はふつう変わらない。
クラスの数が増える
近くに大きなアパート・マンションができたときには、ほぼ必ず実行される。ただし、その学年の生徒が一人もいなかったりするという寂しい事態が起きれば実行されないし、クラスの人数が最初からぎりぎりだった場合には一人入って来ただけでいきなり実行されることもありうる。1クラスあたりの人数がたいてい減るのでそれに反比例して宿題忘れがバレる可能性が高くなってしまう。
クラスの数が減る
近くになぜかもう一つ学校ができちゃったり、また災害で被災したりするとクラスが減る。1クラスあたりの人数が増えるとそれに反比例して宿題忘れがバレる確率は減る。

賭博としてのクラス替え[編集]

このクラス替えを利用する賭け事が蔓延している。自分と同じクラスをあてる賭け事だ。掛け金はいくらでも良いとされている。クラス40人全員を当てると掛け金次第で大富豪になれるかもね。

関連項目[編集]