ガタケット

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事には冗長性が不足しています。
改善には十分なメモリーとブロードバンド回線と大きなディスプレイが必要です。
アンサイクロペディア法
を熟読した上で、分量を増やして下さい。

ガタケットとは、閉鎖的な「農村文化」にしびれを切らせた東京都他都会の都府県が、新潟県および長野県北陸を農村から開放させるために発動された農村破壊プログラムである。コミックマーケットの体制をとっているのが最大の特徴である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ガタケット」の項目を執筆しています。

歴史[編集]

元々地方、農村では村八分や都会からの転校生へのいじめ地方公務員の暴虐などの社会問題が多数発生した。これにしびれを切らせた生粋の江戸っ子にして漫画好きの某都議員が、友人のコミックマーケットのスタッフとその友人の新潟県民の力を借り、上越新幹線開業の翌年に発動された。

特徴[編集]

このプログラムの最大の特徴はコミックマーケットの体制を採っていることと、地方分けが非常に難しい新潟県で行われていること。これは新潟県が日本有数の漫画家産出地であるのにくわえ、甲信越であり、北陸であり、南東北であるという特殊な事情が関係している。これにともない広域の農村破壊が可能である。サブプログラムとしてにいがたマンガ大賞が存在しており強力な効果を発している。

効果[編集]

高速道路網の発達に伴い県外からの参加者が急増、近隣都市や隣県の都市化が急速に進んだ。中でも新潟市日本海側初の政令指定都市になるなどこのプログラムの効果をかなり受けている。しかし、農村破壊の代償として、国内の農業生産が急速に下がるなどデメリットも存在する。最近ではビックスワンの近くで100回もプログラム発動記念祭を行っている。そのビックスワンですらサッカーを流行らせようとした農村破壊プログラムも1つであり、その影響で東京へは新幹線に行くのに余裕がある層しか来なくなったために新潟発の夜行列車が消えたと言う噂もある。農村破壊がなされていない青森・秋田では特急「いなほ」な車両を使って、エセ東京の夢の国行きの夜行列車がたまに来るのが良い証拠とも言える。

一方で、新幹線の墓場である上越新幹線の本拠地や新潟トランシスの車両工場も新潟であるために農村破壊プログラムは独立して益々進むであろう。某歴代首相時代から東京なんかに負けないために逆輸入する新潟なのだから。

関連項目[編集]