カラー・オブ・ハート

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「カラー・オブ・ハート」の項目を執筆しています。

カラー・オブ・ハート(Pleasantville)は、1999年に公開されたアメリカ映画

解説[編集]

別題『色彩感染症』というタイトルがあり、一見ファンタジーを装った嫌がらせ映画である。近年は『アンドロメダ……』とか『アウトブレイク』とか『28日後…』みたいな感染パニック映画の1つと数えられる(チフス)細菌兵器感染映画と称されてるのであるが、無責任兄妹の単なる投げやり映画との見方も。

テレビオタクの兄貴(トビー・マグワイア)といい加減でヤリマンビッチな妹(リース・ウィザースプーン)が、織り成す荒唐無稽で無責任極まりないパニック・ムービーである。あるいは裏には和平を装いつつも文化侵略、文化汚染を人々の見えない形で進ませる現実の世界でも起こりえる実は怖いメッセージを持ったある意味社会派ドラマというか警告映画かも知れない。。中国朝鮮が日本を侵略汚染したかのように。。

内容[編集]

  • 馬鹿兄妹がテレビの中に勝手に入ってはテレビドラマの息子、娘になりすます。
  • その世界の住人の規則正しい安康な世界を掻き乱す不届きな輩であり、またビッチな妹のヤリマン行為でその世界に次第にチフスやペストの如く別色が感染し、カラーになった住人は病気持ちと嫌がられるのであり、さらに兄の多少の努力もむなしく被害は拡大するのであった。
  • 結局この後始末もせず、散乱したゴミや食べかすを片付けることもなく無責任に放置したままにして帰る人間と同じ様な無責任さであり、自分たちが撒いた種なのに感染した患者の責任はそのまま放置である。
  • そういう不快感を及ぼすある意味非常に非教育的有害映画である。

しかし、現実の日本も絵空事と笑っていられない状況になってきてるのは事実であり、戦々恐々としなければならない現実なので。

出演[編集]

妹に比べ辛うじて常識人だが暗いテレビオタクのデイビッド:トビー・マグワイア
ビッチでヤリマン。事件の元凶のジェニファー:リース・ウィザースプーン
感染先のパパジョージ・パーカー:ウィリアム・H・メイシー
感染先のママ・ベティ・パーカー:ジョアン・アレン

その後の評価[編集]

その後はこの映画に関する評価はB止まりであり、つまり名作になることもなく人々の記憶のかなたへ消え去っていく運命の映画であり、後世に残らないどうでもいい位置付けの映画になってしまったという。当然と言えば当然ではあるが…。


関連項目[編集]