オートファジー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
ノーベル賞.jpg
祝 ノーベル賞受賞

アンサイクロペディアは大隅良典先生のノーベル医学・生理学賞受賞を心よりお祝い申し上げます
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「オートファジー」の項目を執筆しています。

オートファジー (Autophagy) は、生物が有する、自らの老廃物等を体内に取り込んで再利用する作用。「自食作用」とも呼ばれる。autoはギリシャ語で「自分」、phagyは「食べる」という意味である。

概要[編集]

オートファジーは、栄養環境の悪化などに対応して、生物が自ら排出した老廃物を、新たな栄養源として体内に取り込み再利用する作用である。生物が自らリサイクルを行う仕組みであり、生体の恒常性維持に寄与するものとして注目されている。

2016年、東京工業大学の大隅良典栄誉教授が、オートファジーの仕組みを分子レベルで解明した功績によりノーベル生理学・医学賞を受賞した。

オートファジーの例[編集]

このあとオートファジーなされた。
を噛む
伸びすぎて不要となった爪を噛んで食することで、カルシウムを体内に取り込み再利用する作用。ストレス解消にも役立つとされる。「爪の垢を煎じて飲む」という言葉もあるが、自分自身の爪の垢を飲んでも有用性があるのかについてはいまだ研究途上である。
鼻クソを食べる
から排出された老廃物を自らの体内に取り込む、最も典型的なオートファジーの一種。タンパク質や、塩分などの血液に由来するミネラル成分を、体内に効率よく吸収することができる。
髪の毛を食べる
精神的ストレスによる食毛症髪の毛を体内に取り込んで新しい髪の毛の育成に生かそうとする作用。ハゲ予防には海藻を食べるよりも効率的である。
おしっこを飲む
飲尿療法として確立しているれっきとした健康法であり、まさにオートファジーの原理に適うものであるといえる。

オートファジーしている人を見かけたら[編集]

もしあなたがオートファジーをしている人を見ても、決して「汚い」などと思ってはいけない。人間は誰でも、生まれるよりもはるか前、まだ受精卵だったころから、オートファジーを繰り返しながら成長してきたのである。その人も、オートファジーを通じて大きく成長しようとしているに違いない。生暖かく見守ってあげよう。

関連項目[編集]

阿部ちゃん
流行記事大賞 銅賞受賞記事

この記事は2016年流行記事大賞にて銅賞を受賞しました。
この受賞に阿部ちゃんも思わず興奮。