ウィキペディアのプログラマ、ブランドン・ハリスへのお願いをお読みください

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

あなたの追悼録の第一行目を飾るのに、この仕事はふさわしくないと思う。

その人生で、あの時ウィキペディアのためにやっていることほど重要なことは他にないと思うのも致し方ない。あなた方は単に百科事典を作っているのではなく、人々を自由にするために働いていると思っているのだから。自由な知識源が使えるようになれば、あなた方は、より良き人となれる。そして、世界が自分たちよりも大きいことを理解し、寛容と理解が拡がっていくと確信しているのでしょう。

実際、ウィキペディアは世界で5番目に多く訪問されているウェブサイトだ。あなたは小さな非営利組織で、ウィキペディアをウェブで動かし続けるために、働いている。あなた方は広告を掲載しない。広告を掲載すれば自分達の独立性が損なわれると思っているからだ。ウィキペディアは、プロパガンダの道具ではないし、これからも決してそうなることはないのでしょう。

しかし、あなた方の仕事は、読者からの寄付で成り立っているからといって、誰にでも5ドル、10ユーロ、1000円、あるいは出せる額の寄付をして、ウィキペディアを守っていただけないだろうか?などと世界中にスパムメールのごとくバナーに載せたメッセージをばら撒くのはどうだろう?

あなたの魂にかけて、「ウィキメディア財団で働くことは正しいこと」だと思い、そこで働いているのは仕方がない。あなたは、巨大IT企業に勤めていたそうだが、その仕事ではそうとは知らない子供たちから金を巻き上げるように設計されたくだらないものを作ったりもし、仕事を終えて帰宅してからも気が重かったのもしょうがない。

しかし、あなたはご存じないかもしれないが、ウィキメディア財団は極少数のスタッフだけではなく、世界中の数億人のユーザーとともに運営されている。それとは別に、ウィキペディア以外のアクセス数上位10位以内の他のウェブサイトには、数万人を越える社員と膨大な予算がある。だからと言って、より少数である自分達が生み出すものは、多くの場合、同じウィキペディアのユーザーである数万人の社員が苦労に苦労して引き出している成果に比べて、とてつもなく大きいものだと語るのは、なんら関係ないアンサイクロペディアからですらどうかと思う。

あなたは、ウィキペディアに寄付をして頂ければ、世界中の自由な知識を支援していることになると言う。子供たちとその子供たちに遺産を残すだけでなく、この宝物にアクセスする世界中の人々の生活レベルを引き上げることになるとも言う。そして、まだアクセスしていない人々も、いつの日か同じ様にアクセスすることを保証することにもなるとも語る。

ただ、あなたの組んだプログラムが、飢餓に苦しむソマリアや、アメリカ軍が無人爆撃機で多数の住民ごと敵対勢力を殺しているアフガニスタンのウィキペディアにおいても、利用者に寄付をつのっている。これは、どう考えても数百万人を越えるそれらの言語の使用者をバカにするような話である。

あなたはご存知ではないかもしれないが、世界中の貧困にあえぐ人々の下で、あなたの画像と一緒にあなたの言葉が、場合によっては敵の言葉である英語で表示されている。そしてほとんどのユーザーにとって月収以上の金額を寄付するようお願いしている。このような行為は、ウィキペディアの本心でしょうか?それとも、ジョークの一部か何かでしょうか?

以上のリンク先をご確認いただき、ありがとうございました(なお、2012年1月1日をもって、ウィキペディアの寄付バナーは終了しております)。

それに加えアンサイクロペディアでは、このような悲劇を今後繰り返すことのないよう、深く祈るものであります。

ウィキメディア財団所属プログラマー、ブランドン・ハリス様宛

日本語版アンサイクロペディアより。

追伸
アメリカが経済制裁をしているミャンマージンバブエに、アメリカの団体であるウィキメディア財団が寄付をお願いするというのは、人の道から見てもおかしくないでしょうか?

阿部ちゃん
流行記事大賞 銅賞受賞記事

この記事は2012年流行記事大賞にて銅賞を受賞しました。
この受賞に阿部ちゃんも思わず興奮。