イラマチオ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「イラマチオ」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「イラマチオ」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「イラマチオ」の記事を執筆しています。

イラマチオ(伊:Iraramaccio 発音:イラマッチョ)とは、1930年代にイタリアで流行したサッカーの戦術である。

概要[編集]

イラマチオはいわゆる「攻撃特化戦術」。1-2-7-1という極端なシステムになっており、単騎突貫するフォワードを援護する形でミッドフィルダーが相手側をマンマークで抑え込むという形式になっている。一度フォワードの足が止まってしまえばそこで流れを失い、ディフェンダー頼みになってしまうという大きな欠点はあれど形が決まれば「敵陣を貫き一気呵成にゴールを奪う」という誠に派手なゲームとなるため、観客からの人気も高く主流戦術となっていった。

しかし流行し一般化したが故に「展開が単純になる」と早々に飽きられるようになってしまい、またイラマチオ封じの防御戦術「カテナチオ」が編み出されたことで試合での使用は一気に減っていくようになった。更にカテナチオの「硬く防衛し、少数の前衛だけで素早く得点する」というカウンターサッカーが「通好み」として目の肥えたサッカーマニアに好まれるようになり、イタリアサッカー界そのものがディフェンドサッカーへと傾いていく事になる。結果としてイラマチオは廃れていき、1940年半ばにこの戦術は消滅している。

日本において[編集]

日本ではイタリアサッカーと言えばディフェンド/カウンターサッカーであり、イタリアサッカーを差して慣用句的に「カテナチオ」と呼ぶ事もよくある[要出典]。その為攻撃特化のイラマチオは存在自体知られず、言葉としてはマイナーなものに留まっていた。しかし近年、性風俗の世界で盛んに使われるようになりつつある[要出典]。このイラマチオはフェラチオの変形とされ、女性の頭部を押さえて根本まで男性器を捩じ込む姿をイラマチオ戦術に見立てたモノと思われる[1]

脚注[編集]

  1. ^ サッカーのイラマチオと区別するため、こちらは「イマラチオ」と呼ばれるケースもある。

関連項目[編集]


ExSport.png この項目「イラマチオ」は、エキサイト不足のようだね。
さあ、君もこの記事に胸が高まるような文付け足してみよう。レッツトライ! (Portal:スタブ)