アドヴァンス・ビークル

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
曖昧さ回避 この項目では、アドヴァンス・ビークルについて記述しているばい! アダルトビデオ(AV)につ・い・て・は「アダルトビデオ」をCHECK IT OUT!! はい!!!


AV(アドヴァンス・ビークル 英:Advanced Vehicle)とはアドルフ・ヒトラーが構想するも実現せず、後にハワード・ヒューズが試作を行い、2006年現在ではトヨタ自動車が発売を検討している乗物のこと。

概要[編集]

アドヴァンス・ビークル(以下AV)は、アドルフ・ヒトラーが第三帝国繁栄のために打ち出した「アウトバーン」や「国民車」の次のステップとして構想したモータリゼーションのネクストステージに位置付けられる乗り物のことである。

なおドイツ国内では同乗り物関連の情報は黒歴史扱いであるために現存する資料はないが、「革新的交通機関」という非公式な計画名が残されている。

開発史[編集]

この乗り物はリッター40km以上の低燃費ながら地面効果を利用して最大時速450km/hで陸上や水面を移動する能力があり、また不整地では車輪を使って移動することができる。このアイデアの試験段階ではシュビムワーゲンのような水陸両用車も開発されたが、ヒトラーはこれに納得せず、また当時最高水準にあったドイツの工業力・技術力をもってしてなお要求に応える低燃費高性能のエンジンは開発できず、計画は頓挫した。

後に同計画は第二次世界大戦直前にドイツから数名のユダヤ人技術者がアメリカ合衆国に仕様書や設計資料の一部をもって亡命、この技術者らを自らのシンクタンクに雇用したハワード・ヒューズの知るところとなる。ヒューズはこの計画に魅せられ、第二次世界大戦の軍需景気で潤った同社資産を投じて、後に「AV計画」として知られる一大プロジェクトを発足した。

しかしヒューズのプロジェクトも暫くして高性能エンジンの開発で行き詰まることとなる。当時アメリカでは自動車産業は一般家庭への自動車普及と国民の高級車志向とにより、燃費よりもカッコ良さ、安全性よりスピードが求められた時代でもあったため、元よりドイツの革新的交通機関計画で頓挫の一因となった低燃費は省みられなかったが、それ以外の要求するスペックも桁外れであり、実現は不可能と思われた。

だが財に物を言わせたヒューズらのプロジェクトチームは、ついに1968年、ジェットエンジンを搭載することで問題を解決、燃費以外のスペックを満たした試作機がアリゾナ・モハベ砂漠を疾走した。ただ4回目のテストの際にエンジンが爆発、パイロット2名が重軽傷を負うという惨事となり、計画は封印された。

この試作機を知る当時の関係者らの証言によれば、まるで翼の短いジェット戦闘機のようだったという。なお同計画はまったくの無駄とはならず、派生技術は後に垂直離着陸機の開発に生かされた。

なお、これとは別にドイツ敗戦後にソビエト連邦に革新的交通機関の一部研究資料と技術が渡ったと見られている。ただ何に付けてもロシア的倒置法により終始逆転させてしまうロシア人たちは巨大化の方向で実用性を探り、これらは後に「エクラノプラン」(別名「カスピ海の怪物」[1])と呼ばれる巨大ホバークラフトの研究へと発展した模様だ。

現在、トヨタ自動車は自動車販売の空白地帯である僻地・離島など向けに、この高速低燃費で必要であれば洋上でも運用可能なAVを開発中である。トヨタ・ヴィッツをベースにしていると伝えられる同社の製品は、早ければ数年以内に発売されるとしている。

なお同製品にはGPSとクルーズシステムを標準装備、日本国内向けの販売の予定こそないが、世界各地では早くも予約注文が発せられているという。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ローラースルーGOGO」の項目を執筆しています。

関連項目[編集]