アダルトマン将軍

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディアンがとても偏っている証拠に、「アダルトマン将軍」の項目はまだありません。アンサイクロペディアンとの格の違いを見せつけてやりましょう。
General adult man.jpg

アダルトマン将軍(-しょうぐん)(General Adultman 1838年11月8日 - ?)とは、19世紀アメリカ合衆国で勃発した南北戦争において、南軍に参加したとされる日系人将校。

概要[編集]

南北戦争において南軍は表向き奴隷制度の維持を求めており、「アメリカ連合国人」でない後期移民や海外からの流入労働者は地位が低く公的には恵まれているとは言えなかった。が、奴隷解放を旗印にし「自由と博愛」というアメリカ合衆国の象徴とも言える言葉を掲げる北軍相手には思想的な面で苦戦を強いられる事となってしまった。そこで秘密裏に、他国民など低階級からも「抜擢」という形で軍上部へと召し抱える事で全体の人的品質を底上げしようとした。

その中にいたとある日系人が、辿々しい英語で「アイ アム ア ジャパニーズ ジェネラル アダルト マン」(I am a Japanese general adult man.)と自分を売り込んだ。これは当時現場にいた軍人[1]の手記によれば「彼は童顔で背も小さく、故に大人である事を強調する事を求められていた」とされているが、突然「私は日本のアダルトマン将軍といいます」と自己紹介する小男を目の当たりにした周囲は爆笑に包まれたという。しかし彼はこれを嘲笑とは思わず、むしろ歓迎の証だと考え共に大笑いを返した。そこから、南軍での「小さな将軍」の伝説が始まったのである。

尚、彼の本名は後世に伝わっていない。

軍人として[編集]

開戦当時のアメリカ南部には「正規軍」と呼べる規模の戦力は存在せず、また海軍も保持していなかった。またアメリカ合衆国からアメリカ連合国へ移った将校も少なく、南軍の人材不足は深刻なものであった。更に一から政府機構を作成する必要もあり、武官文官問わず優秀な人材は出自に関係なく徴用する必要もあった。だからこそ、アダルトマン将軍のような存在も出世のチャンスを見いだせたという面もあったのだが。

アダルトマン将軍は体躯こそ劣ったが戦術知識に優れ、また強度の愛国思想者であったことも南軍内での出世に繋がったと思われる[要出典]。南軍は奴隷制度という「伝統」を保持し国家のあり方を守ろうと言う保守的な思想が強く、そういった関東軍的ドクトリンが罷り通る場所だったのである。

戦地での活躍[編集]

士気は高いが数に劣る南軍にあって、アダルトマン将軍は東洋的な「寡兵を以て戦場を征する」という「点の戦術」をもたらす貴重な人材として作戦に参加し、ボトマック軍と共にリッチモンドへ肉薄したものの戦況の変化もあって一旦後方へ下がっている。

その後西部戦線においてビッグスバーグ要塞防衛に従事するが、北軍の攻略作戦を押さえきれず多くの犠牲を払いながらも周囲の兵と共に要塞アトランタまで逃げ延びている。いよいよ人材不足が深刻化した中で異例とも言える任官[2]で将校となり、南北戦争末期に絶望的な防衛戦の中でその消息を断つ。アメリカ合衆国には南軍における戦死者の公的資料が存在しない為[3]生死に関してはは今も尚不明となっている。

脚注[編集]

  1. ^ 一説にはストーンウォール・ジャクソンの副官であったユーチューブ大佐といわれる。
  2. ^ 一説には現地任官であり、南軍上層部には話が届かなかったとも言われている。
  3. ^ 北軍の戦死者は50万人とされている。これはアメリカ合衆国の戦争において最大の数。

関連項目[編集]

この項目「アダルトマン将軍」は、嘘です。よく近所の物知りおじさんが教えてくれた豆知識も大抵は嘘です。アンサイクロペディアを真に受けてはいけないのです。大事なのは、ジョークを笑い飛ばす心の広さです。