にゅ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
曖昧さ回避 この項目では、初代ぷちこについて記述しているにゅ! 二代ぷちこにつ・い・て・は「ぷちこ二世」をCHECK IT OUT!! にゅ!!!

ぷちこ永遠の5歳だにゅ。ブ社の元幹部にしてにゅ。しっかり崇めておくがいいにゅ。

双子の姉年の離れた妹血のつながってないパパがいるにゅ。これもよく覚えておくにゅ。[テストに出るにゅ!]

神話[編集]

奇妙な儀式によって神と成ったにゅ。そこで発した言葉が、ブ社信者にとって極めて重要な詔(みことのり)となったにゅ。 このとき生贄になったのはぴーだったが、そんなのはもう忘れるがいいにゅ。

幹部および神として活躍していた最盛期にはブ社の稼ぎの実に 20% を占めていたが、やがてブ社が更なる儲けを企むようになり、守旧派と、新たな神の元に作られた新興宗派に分裂したにゅ。これを機にもういい加減に変な語尾に愛想が尽きていた双子の姉からブ社脱走を持ちかけられたけれども、類まれな勘と器用さを活かして、これを裏切ったにゅ。

その後は神の見えざる手により新興宗派五大神の一柱として生まれ変わり、ブ社の発展に大いに貢献してやったにゅ。このことから妖怪枕返しと縁があると噂される事もあるが、真相は神のみぞ知るにゅ。

新興宗派の神としても大成功を収めるものの、その後はブ社にも限界が見えてきたので、いつの間にか幹部の地位を抜けるにゅ。天性の計算高さで次々に友人を作っていったから懐は暖かかったにゅ。

その後はブ社を脱走した双子の姉と敵対関係を保ちながら再び同盟を結んだにゅ。奇妙な儀式の完成度の高さがうかがえるにゅ。御利益が欲しければ、おまえらも信者になっておくといいにゅ。

神のお仕事[編集]

髪型が独特にゅ。

神として君臨した当所は、典型的な一発屋であると思われていたにゅ。 しかし天性の器用さを持ったぷちこを甘く見てはいけないにゅ。そんな連中には、幼女少女淑女少年、青年、獣、さらにはツンデレお嬢様までを幅広く演じ分けて見せ、ぷちこの実力を見せつけてやったにゅ。中にはこんなのを作ってしまうほどの熱烈なファンもいるみたいだが、そんなよほどのマニア以外には、エンディング・テロップで「あ、沢城さん出てたんだ」と言わせてやってるにゅ。

だからアイドル声優に多く見られる熱狂的なファンはほとんどいないにゅ。真の実力者は常に孤独にゅ。 逆に「器用貧乏」や「便利屋」などと陰口をたたく者がどこにでもいるが、これは事実でもあるにゅ。

ちなみにパパの会社がに乗っ取られてしまったので、2008年には引退するみたいだにゅ[1][2]。ブ社がぁゃιぃ宗教に衣替えを済ませるまでに、信者は今のうちに逃げ場を探しておく精一杯崇めておくがいいにゅ。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「デ・ジ・キャラット」の項目を執筆しているにゅ。