ばくおん!!

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ばくおん!!」の項目を執筆しています。

ばくおん!!』とは『けいおん!』の二次創作もといフォロワーシリーズの一つである。

概要[編集]

アニメ業界において「売れ線にのる」と言うのは最早常識であり、『あずまんが大王』がヒットしたあとは女子高生の日常モノが流行り『けいおん!』ブーム後は特に意味もなくライブシーンに凝るアニメが増加した[要出典]。その流れの先にあったのが「売れたアニメ+異業種」と言う一周回ったオリジナリティであった。

『ばくおん!!』ではキャラクター造形やシナリオのユルさなどをけいおん!から取りつつ、独自要素として「バイクの排気音」を『けいおん!』における楽器演奏の代わりに用いると言う離れ業をやらかしたのである。そこへ行き着くまでには、重楽器中心のオーケストラを題材にした「ていおん!」やイフリート崇拝を取り入れた「こうおん!」、はたまた稲妻轟く英雄活劇「ごうおん!」などの候補があったことは言うまでもない。ED曲『ブォンブォン!!雷・怒・音!!』の歌詞でも「轟きます!!爆音!!!」と歌っている辺り、排気音への拘りは非常に強い。

但し、あまりにも排気音が大きいとコラボレーションしているバイクメーカーが騒音規制基準非達成の疑いをかけられてしまうため本放送時には音量を控えめにしている。しかしその分各社のマシン再現には排気音と同じく凝っており「技術のホンダ、芸術のヤマハ、カワサキは、スズキ乗りは変態」という日本バイク業界の有名な格言を忠実に再現してある。

キャラクター造形[編集]

基本的にはほぼ『けいおん!』のままであり、主人公・佐倉羽音は「免許さえ知らないバカ」「生きていくのに支障を来すバカ」「優秀すぎる妹がいるせいで頼ってばかりのバカ」という平沢唯の完コピ。ムギちゃんと同じポジションのお嬢様も。またあずにゃんポジションの後輩はツインテ小柄で才能抜群という扱い。

キャラクターデザイン及びコミック担当のおりもとみまな氏が金髪ツンデレフェチなため、そのものズバリなキャラクターも存在する。一目見た瞬間におりもとキャラとわかるルックスで、恐らくはフタナリである。

バイク普及について[編集]

けいおんが元である以上人気も上々ではあったが、こと普及となるとこれが一筋縄ではいかなかった。何しろバイクと言うのは結婚と同じく「苦労ばかりだし辞めたい理由はいくらでも沸くが、たった一つ「愛する理由」があるから続けられる」という代物であり、ライダーが非ライダーに魅力を伝えるのは非常に難しいのである。たった一つの魅力を見いだせれば必ずハマるのだが[要出典]

あちこちでコラボしたりはしたものの、ガチで違法行為なシーンもあるので(賭博など)なかなか本格的に普及活動とはいかなかった。もしもアニメ二期があれば…。

関連項目[編集]

  • けいおん! - 元ネタ。けいおん部が楽器の代わりにバイクに乗るとばくおん!!になります。
  • けいはん! - けいおん!の別パロディー。楽器の代わりに電車に乗った。
  • おりもとみまな - 金髪ツンデレとフタナリの名手。コミック担当。
  • 変態 - スズキ乗りは変態。もしくはスズキが変態。
  • バイク - バイクは男に乗るのと同じだって売女が言ってた。
  • スズ菌 - 本田氏が発見した菌。
  • 聖杯 - ジーザスが持っていた湯呑み。どこぞのエロゲの系統に出てくるものとは関係ないらしい。


さわ.jpg てめぇら、ばくおん!!はこんなヌルッちいもんじゃねぇ!今、本物ってのを見せてやる!!
………見てた?「「「「うん」」」」 (Portal:スタブ)