となりの関くん

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「となりの関くん」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「となりの関くん」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「となりの関くん」の記事を執筆しています。

となりの関くん(-せき-)とは、歯がゆさを言い表すときのたとえの一種。また本項では、それを題材としているマンガについても解説する。

ことばの始まりと用法[編集]

となりの関くんとは、とある女子生徒の隣に座る「関」という人が先生に気づかれないようにいろいろな遊びをしていたことに始まる。そこから、「言いたいけどでも言えない」という歯がゆさを表すときに使われる言葉(比喩)として成立をするようになった。この言葉を使い始めたのは高校生たちであり、たちまち社会全般に広まることとなった。

しかし、この関くんは誰なのか、そもそも勝手に人のことを比喩にして話していいのかとPTAなどが騒ぎだし、大人だけに伝わる慣用句となってしまった。学校では本当のことなのにあえて教えないなど、大人の事情という盾をもって学生を沈黙に追いやらせているのである。しかし現在でも、小学生から高校生に及ぶまで、「となりの関くんなことがあってー……」といった日常会話にさりげなく織り交ぜられて教えられているのが現実である。一度広まったものなど、そうそう根底から絶つことはできずじまいという、大人が敗北を喫すこととなった。

この言葉の用法として、「あの人に告白したいのに言えず、となりの関くんのような気持ちだ」といった使い方をする。統計によればとなりの関くんを慣用句として使う人の69%は女性で、女性に多い心情として歯がゆさがある、と専門家はこのデータを解析している。もちろんこの語源が女性にあることも一つの原因なのかもしれない。

社会現象[編集]

一時期中学校や高校などで、となりの関くんチャレンジと称するゲームが流行った。それは先生に見つからないように●●する…といったもの。先生の職務怠慢を逆手に利用し、これによりさまざまな問題と逮捕者が出たとされている。 一例として、「バレずに伝言ゲーム」というのがあり、授業の答えをある天才が考え、それをみんなで発表するというもの。頭の悪い連中までそれに関わったにもかかわらず、教師は「自分の教えの賜物」と自画自賛、お見苦しい授業になってしまうことがたびたびあったという。これも一種のバカ発見器なのに、またPTAが騒いで打消し、生徒は厳重注意されるという顛末。社会の闇を中学生から見させる酷な国として外国メディアも取り上げていた。

流行にのったマンガ[編集]

また、これに乗じた「となりの関くん」というマンガもある。社会現象を真に受けたパクリ疑惑があるが、これは実際にとある女子生徒に取材を行い、その行っていたことをまとめたマンガだから、正確にはそうではない。しかもそれをいいことに頭の固い連中は「これが元祖」と言い切った。しかし本来はとある女子生徒の話であって、実際妄想の膨らんだ話もいくつか盛り込まれている。しかしこれもウラでは教師の研修の一環とし、教育現場に取り込まれていることから、こういった紙媒体にするメリットはあったのかもしれない。

関連項目[編集]

この項目「となりの関くん」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)