つまり

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
おしらせ
ゲシュタルト崩壊の危険性
この記事はゲシュタルト崩壊を起こす可能性があります!遺伝子工学の権威、ひよこ陛下殿が身をもって確認しました!!
目に自信がない方、見るのを止めといたがいいとのことです!!!でも、意外に耐えられることが多いそうなので、見てみなさい、とのことでした。

つまりとは、文を別の言葉で言い換えることである(つまり水が詰まるのつまりではない。つまり、あなたはホースの中を気にしないでもいい。)

歴史[編集]

つまり」、という言葉がいつ登場したのかは明らかでない。つまり起源は明らかでない。しかし、古文の記述(つまり徒然草平家物語)にはほとんど出てこない。つまりそこまで古いものではないということがわかる。ただ1つわかることは、(つまりそれ以外のことは分からないということだが)現代では広く用いられている、つまり一般的である、ということだ。

使い方[編集]

色々な場面で使うことができる、つまり汎用性に富んでいる。言葉を使用する際はいつでも使える(つまり話し言葉でも書き言葉でも使えるということ。)。以下にその使い方(つまり例のこと)を記す。

ある人はアンサイクロぺディアウィキペディアのパクリの下等サイトだと言った。つまり、彼はユーモア欠乏症だ。
ひよこ陛下チキンラーメンが嫌いである。つまりアンサイクロペディアンはチキンラーメンを食べてはならない。

こんな感じである。なお、この中には筆者の前提、つまり隠された前提が入っている。(つまり1つ目の例で言えば、アンサイクロぺディアをパクリと言う奴はユーモア欠乏症だ、である)他の言い換えの形式(つまり「それは」などのことである。)よりも頻繁に使われる言葉である。

語源[編集]

しかしなぜつまりと言われるのだろう。頭の固い辞書、つまりウィキペディアには、鼻づまりしか載ってない。つまりウィキペディアはあまり使えない。そして、語源について載っているサイトはない。つまり語源は分からない。

余談[編集]

ここまでに一体何回つまりが出てきたでしょう? 答えは4×5、つまり20回であり、つまり余談の中の3つを含めれば23回である。

関連項目[編集]