しゃっくり

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
医療情報に関する注意 ご自身の健康問題に関しては、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。免責事項もお読みください。

しゃっくり(-)とは、青空オーケストラにおける歌唱法である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「しゃっくり」の項目を執筆しています。

概要[編集]

しゃっくりは元の音程から少し低めの状態から音を取り始め、元の音程に戻すという歌唱法である。この技法は歌唱だけでなく日常生活にも取り入れられ、唐突にしゃっくりを奏でるものを見かけることも珍しくない。ただし、カラオケボックスでもないのに唐突に歌い出したら唯の変人にしか見られないので良識的な者はやらないことで知られる。

止め方[編集]

しゃっくりによる歌唱にに酔っているナルシストを止めたいと思うのはその場に立ち会ったもの全ての共通認識となることも多い、そのため歌を黙らせる方法を口伝で脈々と伝えられた。その中でも有名なものを数例あげると、水を飲ませて一次的に窒息させる・鼻をふさぐ・舌や目を傷めつける・驚かせてショックで心停止させるなど結構えげつないものが多い。それほどまでにしゃっくり歌唱はうざいのであろう。

しゃくり[編集]

しゃっくりの場合はそのような方法で止めることが出来るが、しゃっくりと似た症状であるしゃくりはなかなか止まらず、ひどい場合においては二年以上もしゃくりをし続けるという症例も存在する。そのきっかけもしゃっくり歌唱法である。しゃっくり歌唱をしているうちにしゃっくり歌唱が自分の意思で止められなくなるのだ。

実際しゃっくり歌唱は歌がうまく聞こえるため小手先テクニックとしてナルシストに主にカラオケの場で愛用されている。そのため、しゃっくり歌唱を愛用しているものがしゃくりにかからないように、カラオケの機械には採点のついでにしゃくり判定モードがついており、機械が本当に病性のしゃくりだと判断した場合には、即しゃくり判定をだして該当者に病院に行くように警告を与えるようになっている。しかも、不自然なしゃっくりには減点機能までつけている。これにより病性しゃくりは早期に止めることが出来るようになった。まあ、一番の方法はしゃっくり演奏法を撲滅させることだということには皆薄々気づいているのだが、実際この歌唱法はナルシスト的な意味で気持ちがいいので一部の人間はやり続けることになるのだろう。

関連項目[編集]