かもしれない運転

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「かもしれない運転」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。
Bouncypotato.gif
この記事「かもしれない運転」は何故か「だろう運転」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。

かもしれない運転(-うんてん)とは、悲観的視点から根拠の無い予測を行って運転することの表現である。自動車の危険運転を示す日本慣用句

日本の自動車教習所警察お父さんなどでは「かもしれない運転」を安全な運転だと誤解したままで、運転者に対してより注意深く予測や行動を行うことを啓蒙している。

この記事も誰かが面白くしてくれるかもしれない

かもしれない運転の例[編集]

  • 「制限速度を超過しても、警察は見ていないかもしれない」と判断して、制限速度を無視する。
  • 右折待ちの状態で前方から直進車が来た場合、「まだ余裕があるかもしれない」あるいは「譲ってくれるかもしれない」と判断して、右折をする。
  • 見通しの悪いカーブなどで、「対向車は来ないかもしれない」と判断して、追い越しを行う。
  • 前方の車を追走する状態で、「急ブレーキをかけることはないかもしれない」と判断して、十分な車間を確保しない。
  • 長い下り坂で、「ブレーキが発熱しすぎて効かなくなることはないかもしれない」と判断して、フットブレーキを使用し続ける。
  • 深夜や僻地の道路において、「こんな時/所では歩行者はいないかもしれない」と判断して、歩行者がいない前提での運転を行う。
  • 歩行者と接触事故を起こした場合、「誰も見ていないかもしれない」と判断して、そのまま走り去る。
  • 二車線道路の路肩に駐車中の状態で、「後ろから来るビグスクはGPライダーだから停まれるかもしれない」と判断して、前触れなく急発進しUターンする。
  • 峠のカーブにおいて、「あの漫画のように速く走れるかもしれない」と判断し、高速でドリフトする。
  • あきらかに珍走団な連中に囲まれても、「見かけは怖いけどいい人たちかもしれない」と判断して、制限速度を保ち続ける。
  • 給油表示灯が点灯している状態で「走っていれば此処より安いガソリンスタンドがあるかもしれない」と判断してガソリンスタンドを通過する。

関連項目[編集]