お菓子

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
摂取の危険性を呼びかけるポスター
アメリカで製造される菓子は効能の弱さを補うため着色料が多用される

お菓子(おかし)とは長期間の摂取により健康に重大な結果をもたらす可能性が極めて高い嗜好品の一種である。

概要[編集]

お菓子にはDHMO砂糖NaClなど極めて依存性が高い物質が含まれていることが多く、一度でも摂取すればその味覚に魅了されて止められないというケースは極めて多い。大きく分けて洋菓子和菓子とスナック菓子の三種類に分類されることが多いが、どちらにしろ依存性があることはまず間違いないだろう。最近では覚せい剤などの麻薬に倣いスイーツと言い換える場合も散見される。

フランスでは王政時代からお菓子がパンと並ぶ主食として知られる。これは現在に至るまで変化していないことから菓子の依存性の証拠として紹介されることが多い。

代表例[編集]

特に依存性が強力な物は以下の通り。

ハッピーターン
第二次世界大戦後に覚せい剤の使用が禁止された日本で開発され、煎餅と粉末のセットで販売されている。ちなみに粉末は依存性の高さと多幸感の強さに定評があり、摂取するとその名の通り「幸せが戻ってくるような」気分を味わうと俗に言われている。
かっぱえびせん
東アジアを中心に各国で販売されており、その人気から模造品の製造が後を絶たない。比較的依存性が高く、製造元は一度摂取すれば「止められない止まらない」程の楽しさを味わえると宣伝している。
チョコレート
カカオマスを主原料とした脱法ドラッグとも呼ばれ、老若男女問わず世界中で大量に摂取されている。摂取を止めると様々な禁断症状が現れることから、持病を持つ場合は摂取前に医師の診断と検査が必要である。
飴ちゃん
大阪のおばちゃんに依存者が極めて多い。親しみやすいように様々な着色や加工がなされ、手軽に入手出来ることから、依存の危険性に気がつかないまま日常的大量摂取に走る者も少なくない。
FRISK
ヨーロッパで生産されている舶来品であり、末端価格は飴ちゃんなどと比べると高価であることで有名。しかし摂取直後の快感に魅了されて依存に走る者は多い。

豆知識[編集]

  • お菓子は、白い粉、おっきくなるキノコなどよりも特に依存性が強く、決して侮ってはいけない。「お菓子」への食欲を誘発させるペコちゃん人形などのキャラクターは今は法律により規制されている。
  • 食すると体の横幅、体重が著しく増大し(個人差もある)それを無視し、ずっと食べ続けると、手足などの末端部分が腐り落ちる可能性がある。(食した事により発生した糖尿病によるものだと考えられている。)
  • 最近は、遠足という口実の下にこの非合法薬物を所持する小学生が後を絶たない。しかも教師は300円まで、などとお菓子を持ち込むことを許しているのである。日本も腐ってきた。
  • それにスーパーなどには、お菓子専門コーナーなどという在ってはならないコーナーが設立されている。さらにはお菓子専門店も存在する。
  • 中学校、高校などでは、学校内で持ち込むことを断固禁じている。それを無視し、持ってきて食している輩はもう既に人間ではなく、DQNという怪物に退化してしまっている可能性が非常に高い。
  • 飢えた人々を相手に「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない」と言って反感を買った人物がいるとかいないとか・・・

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「お菓子」の項目を執筆しています。
品質については万全を期しておりますが、お気づきの点がございましたらお手数ですが加筆をお願いします。 (Portal:スタブ)