いい最終回だった

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索


相馬ユウジロウ(そうまゆうじろう)はついに魔王の城ガッデム城にたどり着く。全てはさらわれたヒロイン・ピーチを救うために。

ガッデム城に仕組まれた数々のトラップを相馬の機転で突破し、仲間(レイとユウキ)とともに四天王を倒し、その戦いの過程で最強の武術体外衝撃波結石粉砕術を完全に習得するユウジロウ。

しかし、ラスボス魔王アバルはユウジロウたちの想定以上の強さだった。

ユウキは決死の覚悟を決め、自らの命と引き換えに魔王を倒すことを提案する。

ユウジロウとレイはその提案に反対するが、それを無視し、アバルに単騎で突撃するユウキ。

ユウキの決死の攻撃によりアバルに一瞬の隙がうまれる。

ユウキが必死に叫ぶ「今だ!」と。

ユウジロウとレイも覚悟を決め、ユウジロウとレイだけに発動できる最終奥義エターナル・レクイエムで魔王アバルを完全に消滅させる。

ユウキもエターナル・レクイエムの巻き添えを食らうが、ユウジロウたちに穏やかな笑顔を浮かべながら魔王アバルとともに消滅した。

反響[編集]

作中においてユウジロウ、レイとユウキの絆があまりにも美しく描かれていたために、ファンの反響は大きかった。また、このエピソードを持って最終回だと思われたが次回予告において「新章開幕!!!」と予告された。しかし、新章別世界編の出来はあまりにもひどく、ファンの間ではユウキの壮絶な死が描かれた回を最終回とする人が多かったという。

関連項目[編集]

にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「いい最終回だった」の項目を執筆してくれています。


Upsidedownmainpage.jpg 執筆コンテスト
本項は第35回執筆コンテストに出品されました。
Stop crap.png クソ記事に注意!!
この記事はクソです。筆者自身がそれを認めます。