あずきちゃん

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「あずきちゃん」の項目を執筆しています。
AKB Message 02.jpg

あずきちゃん』とは、1995年4月 ‐ 1998年3月までNHK-BSで放送された、小学生による恋愛コメディアニメ秋元康原作、木村千歌作画。原作は講談社なかよしに連載されていた。

「お堅いNHK で放映された性教育アニメ」として、カルト的人気を博している。かの有名な『カードキャプターさくら』に先立って、NHKが「オタク」を視聴者として取り込む原動力になった作品。

ちなみに主人公の声を担当しているお方は、かの有名な『カードキャプターさくら』に出演していたり後に雪城ほのかとかやっている人だったりする。

作品が作られた時代的もビッチ具合的にもAKB48のお姉さん的存在。

趨勢[編集]

原作では足立区を舞台にしているため、この作品のファンの間で足立区は聖地とされている。

特にタコ公園のモデルである、足立区千住にある「千住ほんちょう公園」は宇宙の中心とみなされている。だが後番組の『カードキャプターさくら』がブームを起こしたため、不幸にもあずきちゃんは急速にこの銀河系から忘れ去られてしまったように見えた。

限定DVD-BOX発売[編集]

だが2002年9月4日、再びこの銀河の片隅に新たな胎動がわき起こった!! あずきちゃん全話入りDVD-BOXの限定全2,000セットの発売である!

この前後、2ちゃんねるにおいて史上最長の期間貼られた宣伝コピペが誕生する(2002年3月 ‐ 2003年8月あたりまで? )。

Googleで「2ch あずきちゃん」を検索すると[1]、このコピペ活動の様子がわかる。だが1日最高でも5回、人が集まるスレを狙って1スレ当たり1回だけ貼るという局地的ゲリラ戦略が為されたため、宣伝を嫌がる2ちゃんねらーによる、いわゆる「祭り」には発展しなかったようだ。

故にこの記録は2ちゃんねらーの間でも知名度がほとんどなく、加えてあまりにばかげた記録であるため、まさに黒歴史的な闇記録であるとされている。

この宣伝はそれなりに効果があったようで、「コピペでDVD発売を知った」などのレスがアニメ板(当時)のスレに書き込まれたりもして、限定全2,000セットも完売したようである。

現在においてもなお、2ちゃんねるニュース速報板、およびニュース速報+板で足立区スレが立つたびに、
「足立区を馬鹿にするな! 足立区はあずきちゃんの聖地だ」と、必ず1度だけ空気を読まないレスが入ったりするのは、その名残である。

現状[編集]

DVD発売後、あずきちゃんに関する動きはない。だがDVD視聴実況は4年目を迎えているらしい。DVD-BOXは中古相場で12万円を突破している。

我々地球人は、今でもこのアニメの再放送、ないしはリメイク新作を待ち続けているのである。

2010年6月、遂に待望のDVD-BOX再販が行われた。事前予約を受付けていたが、この発表に伴い、中古相場が下落した。ちなみに「復刻版-初回限定生産版-」にはゆかなの生写真が付いてこない。しかし、価値があるとも思えないので、中古相場が再び上がる事は無かった。

小学生編[編集]

テレビアニメ版と漫画版が存在する。

A型女子の嫉妬を忠実に再現した作品である。

性教育[編集]

第35話「ナイショ!赤ちゃんはどこからくるの」で、小学生や中学生に間違った認識を与えたという事でPTAから抗議が来ている。

内容は「赤ちゃんの出来るキスと出来ないキスがあってだな…」といったもので、あながち間違っていない。

なお、Yahoo!知恵袋などで勇之助のふりをして、上記の事を尋ねると、心無いユーザーからフルボッコに叩かれるので注意が必要である。

中学生編[編集]

テレビアニメ化はされていない。

まとめると、あずきちゃんがパイナップル頭の男と浮気し、最終的には元カレである勇之助の元に戻るというお話しである。

付き合うきっかけは、パイナップル頭に強引に唇を奪われた事にあった。それ以来、胸を揉んだり、うなじを舐める仲である。

あまりのビッチっぷりに男性ファンからも、女性ファンからも呆れられたが、小学生編(テレビアニメ版)のがビッチだよと唱える信者もいる。

高校生編[編集]

NHKアニメ「BAKUMAN!」で登場する予定である。

登場人物[編集]

ビッチ家[編集]

野山あずさ・ビッチ
強迫性障害に陥っている、ちょっと、いやかなり嫉妬深い、おとめ座A型のビッチ。本作品の主人公。ニックネームはあずきちゃんである。
姓から東欧系の出かと思われるが、なんてことはない生粋の日本人。その証拠に発音はvich(ヴィッチ)ではなくbitch(ビッチ)。
だいず
小学1年生になっているのにも関わらず、ひらがなも書けない、癒し系キャラクター。あずさの弟である。

小笠原家[編集]

小笠原勇之助
パンツの色に異常な執着をみせるあずさの彼氏。
勇之助の父
死んでない。

南小学校[編集]

西野かおる
あずさの親友その1
児玉翠
あずさの親友その2
ケン
ケンちゃん
まこと
グワシ
ヨーコ
典型的なイジワルお嬢様。
多胡こうさく
担任のタコ先生。
吉野先生
家庭科の先生。問題の第35話「ナイショ!赤ちゃんはどこからくるの」で、間違った認識を作ったエロ妊婦。保健のアンデッド先生(アニメで非常に顔色が悪いためそう呼ばれている)も共謀者。ちなみにアンデッド先生で検索してはいけない。

ファン[編集]

あずきちゃんが好きと公言している有名人もいる。

りぼんちゃん
「どのアニメキャラのおしっこでうがいしたい?」との質問にあずきちゃんの弟である「だいず」と回答している。
41:りぼんちゃん ◆BIJOU400pc (catv?):2008-09-15 20:22:05
だいず


キャベツ.jpg このアニメ「あずきちゃん」はまだかんたん作画のままです。
作画修正をしていただけるスタッフを募集しています。 (Portal:スタブ)