あくび

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
医療情報に関する注意 ご自身の健康問題に関しては、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。免責事項もお読みください。

あくびとは人間をはじめとする様々な生き物が感染する伝染病。あくび患者の症状を見ただけで感染するという恐ろしい病気である。

症例[編集]

あくびが感染すると、口が大きく開きたくさんの空気を吸ってしまう。これによって空気中の細菌を多量に吸うことになる。また、会話に支障が出たりあごを痛めたりと大小さまざまな症状が起こる。

発症[編集]

かつてあくびは空気感染であると考えられていた。しかしその後の研究であくびを発症している様子をテレビ画面で見るだけでも発症することが判明し、その説が否定されることとなった[1]。現在では、人間は生まれつきあくびを発症する原因となるなんらかの要素を持っており、それが他者の症状を見るという視覚的刺激から一瞬にして発症してしまうと考えられている。特に睡眠不足や疲労時は感染しやすいため、注意が必要である。

被害[編集]

おもに学校などである。ある生徒があくび病を発祥し、それを見た隣の生徒が感染。教卓にいる先生にそれが感染した場合、学級閉鎖に追い込まれる恐れがある。教師はそれを回避するためにチョークを投げつけると言うやや手荒い方法で治療する。

対処法[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「あくび」の項目を執筆しています。
  • 睡眠をしっかりとり、あくびに対する抵抗力を高める
  • やむ終えず睡眠をとれない場合は、冷水をかぶるなどして眠気を覚ます
  • 後ろから わっ!!! と言ってもらう。
  • それでもあくびが止まらない場合はナルコレプシーのおそれがあります。

脚注[編集]

  1. ^ 京都大学霊長類研究所の研究によると、人間以外の霊長類もテレビ画面を見るだけで発症するという


やめられない、止まらない この記事「あくび」は病気にかかっています。
どうかこのかわいそうな記事が早く治るように、治療をしてあげてください。
お願いします。 (Portal:スタブ)